現代マネジメント学科 Department of Modern Management

学部について

わたしたちは、社会を、マネジメントしていく。

「ヒト・モノ・お金・情報」を駆使するマネジメントの力が生きるのは「経営」にとどまりません。地域、行政、国際社会など、幅広い分野でマネジメントの力が強く求められています。現代マネジメント学部では「経営・会計、経済、法律、政治」を学び、現代社会で直面する課題を克服するために必要なマネジメントの知識とスキルを修得します。

学科について

わたしは、マネジメントで、ビジネスを切り拓く。

現代マネジメント学科では、目標達成の実現に向けて、ヒト・モノ・お金・情報を的確に活用するスキルと課題を克服するマネジメント力を身に付けます。経営・会計、経済・法律・政治の社会科学を学び、多様な観点からビジネスを理解することで、「企業経営」「公共政策」のいずれの分野においても、社会を動かす実践力を養います。

取得可能な資格

  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民・商業)
  • 司書
  • 司書教諭
  • 学芸員

取得可能な受験資格

  • 税理士
  • ファイナンシャル・プランナー
  • 販売士
  • 中小企業診断士
  • 宅地建物取引士
  • 簿記
  • 消費生活アドバイザー
  • 秘書検定
  • マナー・プロトコール
  • TOEIC®
  • ITパスポート

目指す進路

各業界のリーディング企業、金融機関(銀行・証券・保険会社等)、不動産会社・住宅会社、インフラ企業(鉄道・建設・エネルギー等)、地域のグローバル企業、外資系企業、総合商社、国際物流企業、旅行会社、航空会社、NPO・NGO職員、国家公務員・地方公務員、中学校教諭(社会)、高等学校教諭(公民・商業)、大学院進学 など

学びの特色

  • ビジネスにつながる社会科学の幅広い学び

    経営・会計をはじめ、経済、法律、政治など社会科学の基礎を幅広く学んだ上で、自ら描く将来像に基づき、目標とするフィールド(「企業経営」「公共政策」)を明確にし、専門性を深める。

  • 体験型の学びによる即戦力の獲得

    産学連携のプロジェクト研究や各フィールドの実務担当者による講義など、積極的に社会と関わりながら体験的に学ぶことで、即戦力となる実践的なマネジメント力を身につける。

  • 資格・スキルの取得によるキャリア形成

    英語、情報、簿記、秘書などビジネスに役立つ資格やスキルの取得を通して、キャリア形成や就職活動に備えるとともに、身に付けたマネジメント力を生かして、自らのキャリア目標の達成を目指す。

学びの流れ

  • 1年次

    全学部共通の教養教育科目と椙山女学園大学で学ぶことの意義を確認する全学共通科目「人間論」を履修します。専門分野では、経営・会計、経済、法律、政治の4分野をバランス良く学び社会を幅広く知り、2年次からの専門科目に備えます。

  • 2年次

    自身の興味・関心、キャリア目標に合わせ、企業経営専攻、公共政策専攻に分かれ専門科目を履修します。専攻に縛られることなく、専攻を超えて関心のある科目を履修することも可能です。2年次後期からはゼミにあたる基礎演習がスタートし、全員がゼミに所属します。

  • 3年次

    専攻ごとの専門科目の学びを深め、自らの目標達成に向けた知識や資格、技術の習得を進めます。また、展開演習での連携プロジェクトや実務研究での実務家による講義などを通し、社会でどのように活躍するかの意識を明確化していきます。

  • 4年次

    4年間の総仕上げとして、卒業研究に取り組みます。同時に将来の各フィールドでの活躍を視野に、さらに必要な知識や資格、技術の修得を目指します。

新着情報

  1. ニュース

    現代マネジメント学科:野村證券による特別講義を実施

  2. ニュース

    現代マネジメント学科:名古屋銀行本店を企業見学

  3. ニュース

    現代マネジメント学科:松坂屋×TOMO CAFF’E×東ゼミ、商品PRカタログページ制作に向けたキックオフミーティングを実施

  4. ニュース

    現代マネジメント学科:就活生向けパンフレット制作プロジェクト、取材に向けてデモンストレーションを実施!

  5. ニュース

    「令和6年度 椙山学生チャレンジ応援プロジェクト第二期」プレゼンテーション審査を実施!

学生の声

卒業生の声

教員紹介

教員一覧へ

学科紹介動画

Stories 女性と社会とのこれから。

椙山女学園大学は今までもこれからも、時代を捉えながらしなやかに変化し続ける姿勢を、教員や学生の姿を通して社会に提示し続けます。全ての女性の「私」という、目指す未来のために。

入試情報

詳しく読む