椙山女学園 大学

学部・研究科

卒業研究

3年次から全員で取り組む卒業研究

3年次後期には全員が研究室に所属し卒業研究を行います。3年次までに身に付けた知識やスキルをもとに研究課題に取り組むことで実践的解決能力が培われる上、研究の楽しさを仲間と分かち合い切磋琢磨することが、国家試験合格への糧になります。また、研究を通して身に付ける実行力や発想力は、卒業後の仕事でも発揮できます。

研究室例

基礎栄養学研究室

老化や老年性疾患を予防する生活スタイルを提案することを目的として、老化原因のひとつである終末糖化産物(AGEs)に着目し、AGEsを抑制する食品素材の探索や生活習慣の解析など、基礎および臨床レベルでの研究を実施。民間企業とも連携しながら、人々の健康や美容をめざす研究をしています。

応用栄養学研究室

体組成、身体活動、食習慣などさまざまな要因が栄養素の代謝に及ぼす影響について、血液や尿などの生体試料を用いて科学的に解析しています。

食品衛生学研究室

微生物とヒト・環境間での多様な関係性に関して調査・研究しています。人の健康を脅かす食中毒や微生物発酵を用いた有用物質生産などが研究対象です。

調理学研究室

食べ物のおいしさに影響を与える調理過程での変化を解明する調理科学的研究や、考案した試験食が摂取後に人体へ及ぼす影響をみる「ヒト対象研究」を中心に、調理に関連する調査研究、教育教材の開発なども実施。研究を通して学生の主体性を育み、計画力、実行力を育てるほか、チームワーク力を高めます。

公衆栄養学研究室

ロコモティブシンドローム・フレイル予防の研究をしています。若年女性・高齢者・フレイル外来などを対象に、測定・調査・分析・支援をまとめます。学生たちは、実践的な視野に立った基礎・応用力を身に付けます。

※加齢により筋力や精神面が衰えること

生化学研究室

老化や老年病の原因となる「細胞レベルの老化」を抑える食品成分の探索を行い、「食」の面から健康寿命の延伸をめざします。

栄養保健学研究室

肥満、内臓脂肪蓄積、メタボリックシンドローム、動脈硬化などについて、健康・疾病・老化と生活習慣との関連を研究します。

栄養教育論研究室
多様な年齢層の食行動や食意識を継続調査し、その食環境との関連を分析して問題点を発見し、改善方法やより良い食行動のあり方を研究しています。学生は、具体的な対象の調査・分析・提案の作業を通して管理栄養士としての実践力を身に付けます。
食品化学研究室
食の健康維持に果たす役割をもとに、食品への機能性付与と探索研究を通し食品開発や人々の健康増進に貢献する人材を育てます。
臨床栄養学研究室
「健康的なダイエット」および「高齢者への栄養指導」をテーマに、自ら運動を行いエネルギー代謝や筋肉量・脂肪量を測定機器で計測。また、病院や介護施設で実際に患者さんや高齢者と接するなど実践的な研究を通し、将来、研究職や臨床現場の即戦力として活躍できる能力を養います。
食品機能学研究室
ヒトの健康をプロモートする食品および活性成分について研究を行っています。主に糖尿病の予防、高血圧の改善・予防、発がん抑制、アレルギー症状の改善などに寄与する各種大豆発酵食品を見出し、その活性成分の解析を行うとともに、新規食品・食品素材の開発に努めています。
学部・研究科