椙小ダイアリー

  1. ホーム
  2. 椙小ダイアリー
  3. 名古屋フィルハーモニー交響楽団 金管五重奏

名古屋フィルハーモニー交響楽団 金管五重奏

名古屋フィルハーモニー交響楽団 金管五重奏

2013.10.24

今日は、1・2・4年生がアウトリーチ活動 名古屋フィルハーモニー交響楽団 金管五重奏の鑑賞でした。

名フィルから、ホルン演奏者の安土真弓さんトランペット演奏者の井上圭さん、宮本弦さんトロンボーン演奏者の田中宏史さんテューバ演奏者の林裕人さんが椙小に来てくださいました。

はじめに、『ウィリアム・テル序曲~スイス軍の行進~』と『空想、おもちゃ、夢』を聴き、

20131024 019.JPG

20131024 033.JPG

その後、4つの楽器の紹介と楽器の特徴がよくわかるように、それぞれの楽器が主旋律の曲を聴かせてもらいました。

トランペット『トランペット・ボランタリー』

20131024 046.JPG

ホルン『浜辺の歌』

20131024 050.JPG

トロンボーン『聖者の行進』

20131024 058.JPG

テューバ『浮気はやめた』

20131024 075.JPG

子どもたちは、楽器の仕組みやその起源のお話の世界に吸い込まれているようでした。

例えば・・・ホルンは昔、狩猟時の信号用楽器として使われていたので、馬に乗りながら吹けるように管を大きく巻いて肩に提げるようにし、その際邪魔にならないように、また音で馬がびっくりしないように、ベルは後ろ向きになったことなどです。

最後は、『幸せなら手をたたこう』を名フィルの方々の演奏に合わせて、子どもたちの歌声や手拍子で元気いっぱいに参加しました。

CIMG4243.JPG

20131024 086.JPG

20131024 092.JPG

アンコールにも応えていただき、みんなが一体となって笑顔がはじけていました。

20131024 099.JPG

CIMG4254.JPG

曲が『となりのトトロ』や『崖の上のポニョ』になると、子どもたちが自然に歌いだし、音楽に満ち溢れた時間になっていました。