新聞報道部が取材記事を新聞に毎月連載中

ニュース

新聞報道部(顧問・文化情報学部 脇田泰子教授)は、令和4年度から読売新聞中部支社との産学連携企画として、学生ならではの目線で気になることを取材調査し、月に1回「キャンパス発」という紙面連載(Web連動)記事にまとめて発表しています。

【2024年】
・5月 世界の貨幣4000点歴史学ぶ 素材の変化実物で
・4月 薬物ダメ!学生が発信 啓発グッズ企画・製作
・3月 名古屋水道手間かけ110年 2種類の方法で濾過
・2月 猫殺処分ゼロへ啓発 「地域猫」助言や譲渡会
・1月 防火・防災教室幼少期から 先生も消火訓練

【2023年】
・12月 フードドライブ支援広げる 利用者からの言葉励みに
・11月 正しく磨き半年ごと健診 健康支える歯を保つ

・10月 本の魅力広く伝える 創立100年鶴舞中央図書館 
・9月 地震減災触れて学んで 名大施設で教室
・8月 朝刊20万字 新聞作り知る
・7月 献血命つなぐ輪広げる 若者の参加課題
・6月 手羽先 全国から発祥地へ
・5月 就活「働く側の視点」カギ 価値観選択の軸に
・4月 自分の1票、関心は 1年生181人調査
・3月 クラブ活動 日々成長
・2月 東山動植物園を取材
・1月「お年玉」学生83人にアンケート


【2022年】
・12月 交通事故抑止 不断の努力
・11月 斬新で異色 学生企画の旅
・10月 開かれた大学図書館
・9月 名古屋地方気象台の取り組み
・8月 名古屋市科学館を訪ねた
・7月 参院選前に学生の政治意識探る
・6月 和菓子 伝統守り進化
・5月 文具の進化 時代を反映
・4月 新入生に聞きました