学部・大学院

人間関係学科

さまざまな人間関係の問題を探究し、
現実課題に柔軟に対処できる力を身につけ、社会へ。

世の中のあらゆる出来事は人と人との関係から生まれます。どのように関係がつくられ、どうやって課題を乗り越えるか、それらの理解がよりよい関係を築くための知恵となります。人間関係学科では、社会生活で直面する問題を解決する『人間関係力』を身につけ、現代社会の問題に柔軟に対処できる力を養います。

学びの特色

  1. 人間関係の
    スペシャリストへの学び
    現代社会で生きていく上で、必ず直面する人間関係の問題を探究。人間と人間関係の多様性と複雑さを学び、そこで生じる問題に多様な視点から解決策を見出し、柔軟に対処する力を身につける。
  2. 体験を通して身につける
    人間関係力
    ケースメソッドや演習など体験的な学びで、さまざまな人間関係の具体的な事例や課題を実践的に研究。この経験を通して、あらゆる状況において自ら考え、周囲と協力しながら現実課題に取り組む力をつくりあげる。
  3. 幅広い学びで発見する
    自分の可能性
    社会学、教育学、心理学など複数の分野を横断的に学ぶ人間関係学を通して、確かな専門性と将来に生きる教養を獲得。幅広い学びの中で自らの関心と可能性を発見し、身につけた人間関係力で社会に挑戦する。

学びの流れ

画像クリックで拡大表示されます。
めざす進路
社会福祉士、ソーシャルワーカー、児童福祉司、企業の人事・労務・教育部門、企業の開発・マーケティング部門、銀行、保険会社、証券会社、営業・販売・サービス、国家公務員、地方公務員、NPO・NGO職員、中学校教諭(社会)、高等学校教諭(地理歴史・公民)、大学院進学 など

学科コンテンツ

学部一覧
大学院一覧