学部・大学院

連携プロジェクト

社会との対話を通じて、マネジメントスキルを磨く

企業や行政と連携した製品開発やイベント、企画・提案など多様なプロジェクトを実施。プロジェクトに主体的に関わることで、学生は社会での交渉やプレゼンテーション、スケジュール管理、組織管理などを経験。仲間とともにさまざまな課題を乗り越える中で、チーム力やマネジメントの実践力を身につけていきます。

事例紹介

現代マネジメント学部×[ノーリツ][電通]連携プロジェクト
消費者行動や商品開発を学ぶ学生たちが、(株)ノーリツと(株)電通との連携プロジェクトに参加。ウェブサイトのライター活動では、さまざまな企業を取材し、アピールポイントを見つけ出して発信するなどマーケティング戦略の実際を体験しました。また、その経験を生かし、バスグッズ専門店バスリエ(株)の指導のもと商品開発にも取り組み、商品化につなげました。
現代マネジメント学部×[trentotto(トレン・トット)]連携プロジェクト
地元レストラン「trentotto(トレン・トット)」の新たな名物となる商品の開発に挑戦。パンを利用した新感覚のキッシュをテーマに、商品の企画提案をスタートに試作、事業者とのミーティングを重ね、味や見た目のほか、販売方法や原価なども検討。商品開発を実践するとともに、マーケティングの基本を学びました。
現代マネジメント学部×[日進市]連携プロジェクト
日進市の依頼で市の財政の現状や課題への関心を高めてもらうことを目的としたプロジェクト「探究!地方公会計〜地方公共団体を取材しよう〜」を実施。若い世代の視点を生かした情報発信をしながら、地方公会計への理解を深め、行政の取り組みの最前線を体感しました。
現代マネジメント学部×[デザイン事務所・グラフィッコ]連携プロジェクト

地域の魅力発信による地域貢献をテーマに、地元デザイン事務所「グラフィッコ」と連携し、絵本制作プロジェクトを実施。企画の立ち上げから、調査、ストーリー制作、資金調達、宣伝、そして発売イベントに至るまで全てに取り組んだことで、ものづくりに関わる総合的なマネジメントの基本を学びました。

現代マネジメント学部×[松江市観光振興公社]連携プロジェクト

公共経済学を学ぶ学生が、島根県松江市への集客促進のための観光プランコンテストに挑戦。マーケットやニーズ調査に基づいた若者らしく斬新な発想は、地元自治体や経済界から高く評価され、国土交通省主催のコンテストでも奨励賞を受賞しました。具体化をめざす松江市観光振興公社に協力しています。

現代マネジメント学部×[おとうふ工房いしかわ][トーカン]連携プロジェクト

豆腐などを製造・販売する「株式会社おとうふ工房いしかわ」と食品卸の「株式会社トーカン」と連携し、おからを原材料に用いたヘルシーなスイーツを開発。プロジェクトを通して、消費者の視点で提案する力と事業者とともに検討する力など、マーケティングの実践力を身につけていきます。

現代マネジメント学部×[DHC]連携プロジェクト
化粧品・健康食品の大手メーカー、株式会社ディーエイチシー(DHC)と協働し制作した、「就活メークサンプルツール」を利用した就職活動対策のメークアップ講座を開催。メーク講師を招き、学生たちはプロのテクニックを学びながら、メークサンプルツールなどを使って好印象を与えるメーク手法に挑戦しました。
現代マネジメント学部×[アンティーク]連携プロジェクト
国内外でパンやスイーツの製造販売業務を手掛ける「株式会社CLUB ANTIQUE」と協働し、パンの新商品開発に挑戦。学生たちは企業の方にアドバイスをいただきながら、女性の視点を生かした商品の企画提案からパッケージデザインの検討まで担当し、商品開発の一連を学びました。商品は、大学祭で限定販売されました。
現代マネジメント学部×[日本航空][近畿日本ツーリスト]連携プロジェクト
企業と学生による旅行商品開発プロジェクトがスタート。日本航空株式会社、近畿日本ツーリスト株式会社と連携して、ゼミの学生が4チームに分かれ「学生が考えた・まち歩き北海道」をプロデュースしました。名古屋の人々がワクワクして行きたくなる北海道の旅をテーマにプランニング。チーム対抗の選考を勝ち抜いた企画は、商品化も予定されています。
現代マネジメント学部×[ミセス・ハート][竹本油脂][トーカン]連携プロジェクト
地元の有名スイーツ専門店 株式会社ミセス・ハートと竹本油脂株式会社、食品卸の株式会社トーカンとの協働で、竹本油脂が製造する太白胡麻油を使った新たなスイーツを開発。WEBを活用した市場調査から素材の特性を生かした企画提案まで学生が担当し、9種類のシュークリームを開発。商品は愛知県下のスーパー各店で催事販売されました。
学部一覧
大学院一覧