学部・大学院

実践プロジェクト

将来の活躍の場を広げる、ものづくりの総合力を獲得

学内外を舞台に、学生たちが主体となりさまざまな取り組みを行う連携プロジェクト。企画・運営などを通してものづくりの醍醐味を体感するとともに、企業や行政機関との協働関係の中で、提案力や実行力を養います。社会で必要な実践的スキルを楽しみながら修得できると、学生たちにも人気のプロジェクトです。

事例紹介

西山商店街活性化プロジェクト

大学近隣の西山商店街(名古屋市名東区)で学生がセレクトショップを経営しながら、街を盛り上げるイベントを企画・実施。ハロウィンには商店街の各店舗に貼り出したクイズを解き歩くイベントを開催するなど、商店街に賑わいをもたらしています。

ファッションショー

毎年、学生たちが自ら準備から当日の運営までのすべてを担当し、ファッションショーを開催。1年次はTシャツとパンツと帽子、2年次は浴衣と自分でデザインした布地でのブラウス、3年次は裏付のスーツを製作します。また、自身の作品を着用して多くの人に披露することで、ものづくりの楽しさと製作意欲を高めます。

国際福祉健康産業展に自助具を出展

脳卒中後遺障がい片麻痺者の支援団体と連携し、使用者の意見を取り入れた自助具を考案・制作。福井県越前市のタケフナイフビレッジと共同で商品化した片手使用包丁をはじめ、学生が考案した片手用アイロン台などを出展しました。

星が丘・東山地区のイルミネーション活動
星が丘・東山の春祭りの桜回廊、動物園のナイトZOO、植物園の紅葉のライトアップ、そしてショッピングモール星が丘テラスのX’masイルミネーションなど、年間を通して地域の中で学生たちがイキイキと活動しています。
ツイードラン
尾州生地メーカーからツイード生地を提供いただき、約110年前の仏ファッション誌に掲載された“サイクリング用ジャケット”のパターンでジャケットなどを制作。学生たちは作品を着用し、一宮で開催されたツイードランに参加しました。
UR都市機構とのコラボレーション
UR都市機構と協働し、より良い住まいづくりを研究。その一環として、若者の新しい暮らしを提案する団地住戸の再生プロジェクトを実施。実際に学生が設計提案し、施工された住戸がモデルルームとして公開されました。
みんなのファッションショー
名古屋三越星ヶ丘店・星が丘テラスとのコラボレーションでファッションショーを開催。企画・作品募集・広報・運営に学生が参画し、アパレル業界の常識の枠を超えた新たなコンセプトが共感を呼びました。
学部一覧
大学院一覧