学部・大学院

資格支援サポート

心理学初の国家資格”公認心理師”が誕生

現代社会は多大なストレス社会といわれ、こころの問題の重要性が改めて認識されています。

公認心理師は、医療機関や福祉施設、学校、企業等で活動する心理職に対するニーズの高まりを受け、平成30年度から養成開始の新たな心理職の国家資格です。現行の臨床心理士とは異なり、この資格は学部で心理学を学ぶことが前提。心理学科では新制度の開始に合わせて資格取得をめざす学生を支援していきます。

公認心理師になるには

学部4年間+修士課程修了で受験資格取得可能

受験資格を取得するためには、心理学科で指定科目28科目を履修したうえで、大学院修士課程を修了することが必要です。心理学科では、資格取得希望者に対し、必要な講義科目が履修できるよう2年次後期に資格登録者の登録を実施。3年次から、医療・福祉・教育・司法・産業の5領域の実習ができるようカリキュラムを整備しています。(大学院進学以外では、指定科目を修めて学部を卒業したうえで「所定のプログラムを認定された施設での実務経験が2年以上」が受験資格条件になります。)

臨床心理士

従来の臨床心理士資格でも、確かな合格実績!

こころの病や悩みを持つ人と対面し、言語的あるいは非言語的にこころの健康回復を支援する専門職。医療・保健、教育、福祉、産業・労働など、その活躍の場はさまざまな分野におよびます。心理学科では、大学院進学後の臨床心理士の取得を応援。卒業生たちの多くが資格取得を実現しています。

※臨床心理士とは、「公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会」が認定する民間資格。心理職として独立性の高い臨床心理士に対して、公認心理師は医師の指示のもとに活動するとされている。

学部一覧
大学院一覧