保育園案内

園長挨拶

子ども一人ひとりを大切に、子どもも保護者も安心できる保育園を目指して

  • 椙山女学園大学附属保育園
    園長 上野 智恵子
110年を超える長い歴史と伝統をもつ椙山女学園に3歳未満児の乳児専門保育園が2015年4月に開園いたしました。
学園の教育理念「人間になろう」は、ひとを大切にできる、ひとと支えあえる、自らがんばれる人間になることであると述べています。
当園が大切にしていることは、「一人ひとりを大切にする」保育です。乳児から2歳までは、人としての基盤を築く上で極めて重要な時期です。子どもの思いを受け止め、それに応えていく関係性を通して、子どもは自己肯定感を育んでいきます。家庭的な雰囲気を大切にし、子どもたち一人ひとりと丁寧に向き合い、きめ細かな保育を進めてまいります。
子どもたちと過ごす毎日の中で、保育者は子どもの育ちの素晴らしさや変化を感じ取ります。その様子を保護者にお伝えし、ともに喜び合いながらお子様の育ちを支えます。
椙山女学園大学附属保育園は、子育てと仕事の両立でさまざまなご苦労やご心配をお持ちの保護者の方が、お子様を安心して預けられる保育園でありたいと願っています。
職員一同、ひたむきに子どもの育ちに向かい合っていきたいと思います。
上野 智恵子(Ueno Chieko)プロフィール
名古屋短期大学保育科卒業。
名古屋市健康福祉局(現:子ども青少年局)保育園保育士、児童家庭部保育課保育係保育士(研修担当)を経て、2006年度から名古屋市立保育園の保育園長を歴任。
この間、造形表現・図画工作・美術教育全国大会研究発表、名古屋市教育委員会「名古屋市全体的な計画・指導計画(参考)」編成・作成委員会委員、名古屋市子ども青少年局「名古屋市保育ガイドライン」見直し懇談会委員を務める。
2019年4月より現職。同年4月から椙山女学園大学教育学部非常勤講師(乳児保育演習)を兼務。