学部・大学院

3つのポリシー

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

学部・学科名方針内容
生活科学部

生活科学部は、日常の生活に欠かせない生活の科学、すなわち、衣・食・住に関わる知識と技術を修得し、当該分野における卒業研究を成し遂げた人に学位を授与します。

管理栄養学科

管理栄養学科は、管理栄養士として「食と健康」分野において高度な知識と技術、崇高な人格を備えた職業人及び教育・研究者を養成することを目標としています。疾病と栄養分野、食育と健康分野、あるいは食品産業分野において活躍するために必要な、次のような能力を身に付けた人に学位を授与します。

  1. 豊かな教養と人間性を身に着け、様々なライフステージの人に接する姿勢とコミュニケーション力
  2. 「食と健康」に関連した分野で、管理栄養士として必要な知識と技術
  3. 個人や集団、地域や社会で食と健康に関する問題・課題を発見でき、単独或いは協力して解決できる力
生活環境デザイン学科

生活環境デザイン学科は、人間を取り巻く衣環境から都市環境までを含む生活環境を、生活者・消費者の視点から科学的に探求する素養とともに、それを具体的なデザインとして提案・実践することができる基本知識と技術を身に付けた人に学位を授与します。
卒業生に求める主な学士力は次のとおりです。

  1. 豊かな教養と人間性を持って、生活環境の向上に貢献できる力
  2. 生活環境を、生活者・消費者の視点から科学的に探求することができる力
  3. アパレルメディア、インテリア・プロダクト及び建築・住居のいずれかの分野に関する専門知識と技術を身に付け、それを具体的なデザインとして提案・実践することができる力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学部・学科名

方針内容

生活科学部

生活科学部は、実験・実習を重視した実学としてのカリキュラム編成・実施を基本方針としています。4年次には、総仕上げとしての卒業研究を全員が遂行できるよう、充実した指導を行います。

管理栄養学科

管理栄養学科は、「食と健康」分野において高度な知識と技術、崇高な人格を備えた管理栄養士を養成するため、教養教育科目の修得後、専門講義科目及び実験・実習科目を、基礎から高度な専門性へ効果的に配置し、時代の要請と教育効果の検証を通じ、常に先端的内容を提供します。

  1. 豊かな人間性を養う「人間論」と「教養教育」を1,2年次に配置し、人間性、社会性を育成します。
  2. 管理栄養士として必要な専門9分野の学びを基礎科目から始め、学年を追って専門性を高めます。
  3. 「講義科目」、「実験・実習科目」の順にカリキュラムに配置し、知識と技術の効率的・効果的な修得を図り、「臨地実習」で実践力を養います。
  4. 「食と健康」分野で更なる専門性への期待に応える、11教科の発展的選択科目を備えます。
  5. 「専門演習」から「卒業研究」へのスムーズな移行により、知識・技術の修得を効率化し、情報収集力、プレゼンテーション力、コミュニケーション力の育成と課題発見・解決能力を養成します。
  6. 管理栄養士に必要な知識と技術の総まとめと横断的な知識及び応用力強化のため、「栄養総合演習」を4年次に配置します。
生活環境デザイン学科

生活環境デザイン学科は、アパレルメディア、インテリア・プロダクト及び建築・住居の3分野からカリキュラムを構成します。そして、3分野を専門的にも横断的にも学べる自由なシステムとすることによって、生活環境に関する基礎的素養を磨きつつ、各分野の専門知識と技術及び未知のものを開拓する思考力と企画力を身に付けることができるカリキュラムを編成します。

  1. 生活環境に関する基礎科目、各分野の専門知識と技術の修得に関する科目、関連する各種資格取得に必要な科目などを網羅し、専門教育科目として開設します。
  2. 専門知識と技術の修得に欠かせない実験、実習及び演習科目においては、チームティーチングや少人数教育を重視し、実施します。
  3. 実験、実習及び演習科目と座学(講義科目)とが密接に結びつき、教育効果を高め合うことができるカリキュラムを編成・実施します。
  4. 3年次後期には生活環境ゼミナール、4年次には卒業研究を置き、研究テーマに関わる情報収集と 知識修得、研究手法と科学的考察を通じ、時代が求める課題に即した卒業研究(論文・設計・制作・企画のいずれかの形式)を完遂できるよう指導します。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学部・学科名

方針内容

生活科学部

生活科学部では、生活の中の身近な科学、すなわち、衣・食・住のいずれかに携わる職業人を輩出するという明確な方針に基づき、その教育目標を十分に理解し、それに相応しい基礎力を有する人を受け入れます。

生活科学部
管理栄養学科

管理栄養学科は、将来「食と健康」を基盤とする保健・医療・福祉、食育及び食品関連分野などの専門領域で活躍できる人を望んでいます。これらの分野の仕事に管理栄養士として従事し、社会貢献したいという目的意識と勉学意欲を持ち、「化学基礎」と「生物基礎」を含む基礎学力を有する次のような人を受け入れます。

  1. 本学科の目的を理解し、向上心が旺盛で学びに意欲的な人
  2. 「食と健康」分野に関心が高く、学んだ知識と技術で社会貢献したい人
  3. 人間性が豊かで、自身の成長、周囲との和と協働に努められる人
生活科学部
生活環境デザイン学科

生活環境デザイン学科では、本学科の専門領域を学習するための基礎学力を有し、感性的表現力、あるいはコミュニケーション能力、理系的能力などに優れている人を受け入れます。
本学科では、生活環境を構成するアパレルメディア、インテリア・プロダクト、建築・住居の各分野に関連した「ものづくり」について、生活者・消費者の視点から科学的に探求し、それを具体的なデザインとして提案・実践する力を養成しますので、高等学校においては、文系、理系を問わず、できるだけ多くの科目を履修しておくことが望まれます。

学部一覧
大学院一覧