学部・大学院

3つのポリシー

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

学部・学科名方針内容
教育学部
子ども発達学科

教育学部は、卒業とともに教員・保育者として社会に貢献でき、また、生涯に渡って学び、成長し続けられる人に学位を授与します。卒業生に求められる学士力の具体的な内容は次のとおりです。

  1. 教育・保育全般に関する基礎的知識と、志す分野の専門的知識
  2. 豊かな人間性と学問的教養を有し、教育・保育をめぐるさまざまな現代的課題を見出し、適切な対応を探求し、行動することができる力
  3. 教職・保育職に対する使命感や責任感を持ち、愛情をもって幼児・児童・生徒に接することができるとともに、多様な人々と良好な社会的関係を築くことができる力
  4. 優れた表現力と創造性を有し、子どもの発達に応じた授業・保育の構成、教材・教具の工夫ができ、個に応じた指導・援助ができる力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学部・学科名方針内容
教育学部
子ども発達学科

教育学部は、教育学部のディプロマ・ポリシーを実現するために、次の方針に従ってカリキュラムを構成します。

  1. 優れた保育士・幼稚園教諭・小学校教諭・中学校教諭・高等学校教諭を養成するため、教育・保育全般に関する基礎的知識と、志す分野の専門的知識を系統的に学べるようにします。

    1. 保育・初等教育専修は「乳幼児保育プログラム」「幼児教育プログラム」「初等教育プログラム」を有し、保育士資格・幼稚園教諭一種免許状、小学校教諭一種免許状を取得できるようにします。
    2. 初等中等教育専修は「初等教育プログラム」「数学教育プログラム」「音楽教育プログラム」「幼児教育プログラム」を有し、小学校教諭一種免許状、中学校教諭一種免許状(数学・音楽)、高等学校教諭一種免許状(数学・音楽)、幼稚園教諭一種免許状を取得できるようにします。
  2. 知識と理論の深い理解と、実践力を兼ね備えた人材を育てるため、理論と実践のバランスよいカリキュラムを準備します。特に教育や保育の場におけるボランティアや実習、教員や保育者との交流の機会を多く設けることにより、理論を実践に活かし、また、実践から理論へのより深い理解を生むような学びを準備します。
  3. 現代社会が直面する情報化・国際化・持続可能な社会の実現などの課題に適切に対応でき、課題発見・問題解決能力を有し、生涯に渡って学び続け、主体的に生きる力を身に付けられるような科目を配置します。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学部・学科名方針内容
教育学部
子ども発達学科

教育学部は、教員・保育者として社会に貢献でき、また、生涯に渡って学び、成長し続けられる人材を育てることを目的としています。本学部ではこの目的を理解する、次のような人を受け入れます。

  1. 子どもや教育に関心を持ち、教員・保育者を志す人
  2. 本学教育学部での学びの基礎となる、高等学校までの学習内容を修得している人
  3. 数学の教員免許状(中学校・高等学校)の取得を希望する者は、「数学Ⅱ・数学B」の内容の習得、できれば「数学Ⅲ」の履修
  4. 音楽の教員免許状(中学校・高等学校)の取得を希望する者は、楽典の基礎及びピアノの基礎技能の修得
学部一覧
大学院一覧