大学概要

認証評価

認証評価

椙山女学園大学は、平成25(2013)年度に、財団法人大学基準協会の相互評価ならびに学校教育法第69条の3第2項に基づく認証評価を受け、平成26(2014)3月11日付け同協会の大学基準に適合しているとの認定を受けました。

椙山女学園大学に対する大学評価(認証評価)結果

点検・評価報告書

公益財団法人 大学基準協会ホームページへ

改善報告書検討結果(椙山女学園大学)

改善報告書

椙山女学園大学における「認証評価」への対応
椙山女学園大学では、2004年2月に「椙山女学園大学自己点検評価および認証評価報告書の作成に関する規準」を制定し、2006年4月に「自己点検・自己評価報告書2006」を認証評価機関である大学基準協会へ提出し、2007年3月13日付けで大学基準適合認定(認定期間:2007年4月1日から2014年3月31日まで)を受けました。2011年度より、各大学の「内部質保証システム」の構築を評価の主眼とする第2期の認証評価が始まったことを受けて、前回の認証評価から7年を経た本学は、第2期の認証評価に従った「点検・評価報告書」および「大学基礎データ」を作成し、2013年4月に大学基準協会へ提出しました。同年10月に実施調査が行われその結果として、2014年3月11日付で大学基準適合認定(認定期間:2014年4月1日から2021年3月31日まで)を受け、本学が国の定める大学としての基準に適合していることがさらに証明されました。その後、2017年7月には、2014年3月の大学評価結果において受けた改善勧告1件、努力課題5件の改善結果をまとめた改善報告書を大学基準協会へ提出し、2018年5月に検討結果が通知されました。その検討結果においては、再度報告を求められる事項はなく、本学の改善・改革の努力が認められたといえます。
 2018年度からは、各大学の内部質保証システムの実質化、有効性に着目して評価する第3期の認証評価が始まっており、本学も新たに制定した内部質保証に関する方針に基づいて構築した大学運営会議を中心とする内部質保証推進体制の下でPDCAサイクルを機能させ、教育研究及び学修環境等の質向上に努めます。