すぎのこのこ通信

  1. ホーム
  2. すぎのこのこ通信
  3. 「むしゃむしゃのもりに行こう!」ー探検ごっこをしました

「むしゃむしゃのもりに行こう!」ー探検ごっこをしました

 2歳児が日頃の読み聞かせで親しんでいる絵本、おにのこあかたろうの「つのはなんにもならないか」があります。

ある日、あかたろうからの手紙が保育室に届き、子どもたちは喜んだり怖がったり大騒ぎ!手紙にはむしゃむしゃのもりに宝物を隠したこと。つのをつけて強いおにの子になってきてねと書いてありました。早速、赤、黄、青、緑の絵本にでてくるおにの子の達と同じ色のつのを作りました。つのをつけるとなんだか強くなった気分の子どもたち。「ドスン!ドスン!」と力強く歩きだし、森探しを始めました。でも手紙にあった探検の日は8月25日。ドキドキワクワクしながら当日を楽しみにしてました。

IMG_0531.JPG IMG_0555.JPG IMG_0441.JPG IMG_0468.JPG

25日の探検当日。森はどこだろうと探すと、いつも過ごしている2歳児の部屋がむしゃむしゃのもりに変わっています。いつもと違う保育室に驚いたり、戸惑っている子どもたち。入っていくと、絵本と同じライオンやぞう、大きなヘビまでいます。大泣きする子もいる中、勇気を出した子からライオントンネルをくぐり、ゾウやへびに食べられないように進んで行きます。森の奥には森の神様が宝物を持って待ってました。怖くて保育士の後ろに隠れてしまう子もいまましたが、そっと神様に近づくと宝箱にはひんやり冷えたゼリーがいっぱい入っているのを見つけました!!みんな好きなゼリーをもらうと、頑張った達成感で最高の笑顔が溢れてました。1歳児さんもむしゃむしゃのもりに行き、宝物をもらうことができました。

IMG_0628.JPG IMG_0638.JPG IMG_0643.JPG IMG_0668.JPG IMG_0529.JPG

 勇気を出して困難に立ち向かったり、普段とは違う体験をすることで、また一つ大きくなった子どもたちです。今後も絵本に親しみながら、想像力や表現力が豊かになるような体験を積み重ね行きたいと思います。