学校案内

学校の歩み

学園の理念誕生の地に

1947年の学制改革による新教育制度への転換に伴って、同年4月、椙山中学校は千種区山添町に開校、翌1948年椙山女学園中学校と名称変更しました。地下鉄東山線・覚王山駅から徒歩数分の場所にありながら閑静な環境のもと、落ち着いた学園地区を形成するこの山添町は、椙山正弌初代学園長がその教育理念「人間になろう」を一貫教育体系の中で追求し始めた誇るべき場所です。

歩み

1947年

椙山中学校発足。初代校長に椙山正弌が就任。

1948 椙山中学校は「椙山女学園中学校」に改称。
1951 制服制定。新入生から順次導入。
1953

文部省「産業教育研究指定校」として家庭科教育発表会を開催。

1955

鉄筋コンクリート5階建て新館工事着工。新館の名称は「日新館」に。

水泳クラブが全日本総合第2位受賞。

1956

生徒会発会式。椙山中学校新聞創刊。水泳クラブが全日本総合第2位受賞。

1959

水泳クラブが1957年より、3年連続全日本総合優勝。

1963

第二次新築校舎完成。増築に着手。

1969

体育館兼講堂「和風館」竣工。

1977

図書館竣工、開館式。

クラブハウス「すぎのこ」竣工。

1996

メルボルン・ガールズ・グラマー校と姉妹校提携。

1998

南京暁庄師範学校と姉妹校提携。

2002

「土曜講座」開始。

2005年

椙山女学園創立100周年

2006年

中学校・高等学校 新校舎竣工

ランチルームオープン