学校案内

学校の特色

1学園の理念誕生の地に
昭和22年の学制改革による新教育制度への転換に伴い、 同年4月、椙山中学校を千種区山添町に開校、 翌 23年椙山女学園中学校と名称変更しました。地下鉄東山線・覚王山駅から徒歩数分の場所にありながら閑静な環境のもと、 落ち着いた学園地区を形成するこの山添町は、椙山正弌初代学園長がその教育理念「人間になろう」を一貫教育の中で追求し始めた歴史ある場所です。

2人間を探究する「4つの教育目標」
本校では、 教育理念「人間になろう」を具現化するために(1)体力の増強 (2)学力の増進 (3)モラルの確立 (4)情操の育成を「4つの教育目標」として掲げています。生徒一人ひとりが本来の自分自身に出会うことを大きな目的として、 人間そのものを探究する教育は、 受験勉強だけに埋没してしまうことのない中高一貫教育を早くから実施している本学園だからこそ、実現できるものです。

3中高一貫体制によるカリキュラム編成
本校の生徒は、 原則として全員が椙山女学園高等学校へ推薦入学することができます。したがって、 本校では中・高 6年間を視野に入れたカリキュラムを編成し、 1年次から順次発達段階に応じた教育を実践しています。中学校では基礎学力を定着させ、高等学校での展開を有意義なものにするための効果的なカリキュラムを編成し、問題解決能力や自主性・協調性を養い、積極的な姿勢を養成します。

4基礎学力をつけ学習の楽しさを実感できる授業
1学級35名編成のきめ細かな学習指導で、基礎学力を確実に身につけます。その力の上に立ち、 疑問を自分自身の力で解決、 理解していきます。図書やインターネットの活用法を学び、調べてまとめて発表する学習形態を通して自ら学ぶ力を身につけていきます。単に多くの知識を詰め込む教育とは違い、 楽しく豊かな授業を体験することによって、 自分らしい学習活動を可能にしています。

5主体的な体験と読書活動
修学旅行、総合学習では、生徒自身が調べてまとめ、現地の方々の話を直に聞き、自分の目で確かめ、体験して学びます。文化祭やクラブ活動では、個性を伸ばすと同時に人と協力して何かを成し遂げる力を育みます。また、3分間スピーチ、イングリッシュプログラム、総合学習発表など豊かな表現力を発揮できる機会を設けています。「椙中100冊の本」をはじめ、約9万冊の蔵書を有する図書館は、調べ学習の中心となって、朝の読書、クラス読書会、優秀な成績を収める感想文(画)コンクールなど活発な読書活動を展開しています。

5国際的視野を育むために
本校では、生徒が生きた英語を身につけられるよう、外国人教員による少人数クラスの英会話教育を行っています。また、長期休暇を利用してオーストラリア語学研修プログラムを実施しています。さらにアジアにも目を向け、台湾・台北市の女子校との交流プログラムを行い英語圏のみならずアジア圏での研修を通じて国際社会のさまざまな価値観に触れ学びます。