学園情報

  1. HOME
  2. 学園情報
  3. 研究費等の管理・監査ガイドライン

研究費等の管理・監査ガイドライン

第1節 機関内の責任体系の明確化

椙山女学園における研究費等(科学研究費補助金等公的資金による研究費、学園研究費、個人研究費、研究者等及び研究内容を指定された特別寄付金による研究費、受託研究費、履修費及び実験実習費をいう。以下同じ。)の管理・監査の体制は、別図1「研究費等管理・監査体制」のとおりとする。

別図1「研究費等管理・監査体制」

第2節 適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

1 ルールの明確化・統一化

(1)検収センターを設置し、納品検査の実施を確実に行う。検収センターの事務は、管財営繕課がその業務を行う。
(2)物品の購入は、別図2「研究費等による物品の購入手続きの流れ」のとおりとする。

別図2「研究費等による物品の購入手続きの流れ」

(3)現金払による支出は、廃止し、緊急かつやむを得ない場合の支出に対しては学部事務室に配付する前渡金を活用するものとする。
(4)事務処理手続きに関する学園内外の相談を受け付ける相談窓口を設置する。相談窓口の
事務は、財務経理課がその業務を行う。

2 競争的資金等の執行に関する決裁権限
「事務処理の権限委譲等について(通達)」のとおり、大学の場合、学部の効率的な運営のために学部経常費(研究費を含む。)については学部長、新規事業等については所属長を予算執行決裁者とする。
3 関係者の意識向上
(1)予算内示時(2月)に、研究費の振り分け作業にあわせ不正使用防止に関する誓約書を全員が提出することとする。
(2)新採用時に、全員に対し、不正使用防止を目的とした説明を徹底する。
(3)全取引業者に対し、本学の調達制度を告知する。
4 調査及び懲戒に関する規程の整備及び運用の透明化
(1)不正行為に対しては、就業規則第48条を適用して対応する。
(2)懲戒委員会の審議にあたっては、必要に応じて弁護士、公認会計士等の意見を聴取し、より公正な対応が取れるように配慮する。

第3節 不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

1 不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定
大学に研究費等不正使用防止委員会を設置し、不正防止計画を策定・実施する。
委員:学長(委員長)、学部長、事務局長、財務管財部長、学長が指名する者
事務:財務経理課
2 不正防止計画の実施
財務経理課は、不正防止計画推進の所管課とする。

第4節 研究費等の適正な運営・管理活動

(1)研究費等の経理処理は、全て財務経理課で所管する。
(2)アルバイト職員等の雇い入れは、全て人事課が行い、雇い入れ通知時での注意喚起を行う。また、出勤簿管理は、学部事務室が行う。
(3)旅費については、科学研究費補助金等公的資金によるものは、全ての旅費を実費精算とする。
(4)不正な取引に関与した業者は、学園との取引を停止する。

第5節 情報の伝達を確保する体制の確立

(1)苦情・通報窓口を設置し、企画課がその業務を行う。
(2)不正防止のための取り組みをホームページで公表する。

第6節 モニタリングのあり方

(1)理事長の直接の指揮のもとに、監査室を設置し、モニタリング及び実地検査を行う。
(2)監査室は、監事及び公認会計士と連携をはかるものとする。

 注)研究費等以外の学園の経費についても、研究費等と同様にこのガイドラインに基づき執行するものとする。

椙山女学園における研究費等の管理・監査のガイドライン

椙山女学園大学研究活動における不正行為への対応等に関する規準

研究費等に係るお問い合わせ

相談窓口(事務処理手続きに関する学園内外の相談を受け付け)
財務経理課 TEL:052-781-4321
FAX:052-781-4466
p_mail_keiri.gif

苦情・通報窓口
企画課 TEL:052-781-4346
FAX:052-781-8115
p_mail_kikaku.gif