Clubアワー

仲間と分かち合う 感動のストーリー!

座・タータンチェック

 座・タータンチェックは、椙山女学園大学唯一のミュージカルサークルです。毎週火曜日と木曜日の週2日間、大学祭公演や定期公演に向けて星が丘体育館第3競技場で活動を行っています。
 現在部員は9名で、1年生から3年生までさまざまな学部のメンバーが所属しています。外部から演技指導の先生は招かず、演劇経験者が中心となって作品をつくり上げています。コロナ禍の影響で、昨年の大学祭では「白雪姫」を朗読劇で行いました。今年の大学祭では「シンデレラ」を、12月の定期公演では、名古屋市北区にあるユースクエアで、オリジナル脚本を使用した演目を上演予定です。
 部長の加藤悠海さんは、「ミュージカル未経験で入部したため、発声や立ち振る舞いを考えながらお芝居をすることが難しかったです。経験や学年、学部に関係なく、助け合えるところが魅力です」と話していました。座・タータンチェックは「多くのお客さまの心に残る公演」をめざして、日々練習に励んでいます。非日常を体験できるミュージカルの世界に足を踏み入れたい方は、ぜひ一度、座・タータンチェックの活動を覗いてみてください。

取材:新聞報道部 久田 有花

大学報「風」Vol.57より

PAGETOP