椙山女学園 大学

新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 文化情報学科:フィールドワークで徳川園を見学

文化情報学科:フィールドワークで徳川園を見学

文化情報学科:フィールドワークで徳川園を見学

2022.05.23

 5月22日(日)、文化情報学科の「展開演習2」(担当:今村洋一准教授)で、名古屋市東区の徳川園を見学しました。
 学生たちは、伝統的な都市空間の特徴や建物の見方について学び、フィールドワークの実施後動画を制作します。今回は有松の町並みに続き、徳川園を見学しました。
 徳川園は、尾張徳川家の大曽根屋敷を起源としています。現在の庭園は、平成になってから再整備されたものですが、海に見立てた龍仙湖や中国杭州を縮景した西湖堤、深山幽谷の山水画を思わせる大曽根の瀧や渓流など多くの見どころがあります。日本庭園を構成するさまざまな要素について事前学習をおこなったうえで、当日は風景を楽しみながら、庭木、橋、垣、遣水、荒磯・洲浜など、一つひとつの構成要素を確認するように見学しました。
 参加した学生たちは、日本庭園の観賞の仕方や徳川園のみどころについて紹介する動画の制作をおこないます。

【関連のあるニュース】
文化情報学科:有松の町並みや伝統文化の魅力を紹介する動画制作をスタート!