椙山女学園 大学

新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 生活環境デザイン学科:裏星が丘「パレットひろば」プロジェクトを実施

生活環境デザイン学科:裏星が丘「パレットひろば」プロジェクトを実施

生活環境デザイン学科:裏星が丘「パレットひろば」プロジェクトを実施

2021.11.22

 11月20日(土)~23日(火・祝)、星が丘テラス(名古屋市千種区)の西側WESTエリアと隣接する星が丘駐車場との間のスペースを「裏星が丘」と名付け、新たな居場所を提案する協働プロジェクト(協働:一般社団法人MID LAB、東山遊園株式会社など)が実施されています。
 これは、生活環境デザイン学科の橋本雅好准教授の研究室に所属する4年生の祖父江芳乃香さんが卒業企画として取り組んだもので、普段は一時駐車場、および、星が丘テラスへの通り道としてしか利用されていないスペースに、新たな空間を創造する実験的な取り組みです。
 祖父江さんは、荷物を輸送する際に使用される耐荷性のある木製パレットを再活用し、人々が自由に楽しめる空間を設置。東山動植物園をはじめ、豊富な植栽が施された星が丘テラスなど、ボタニカルをテーマとした星が丘の植物と調和した新しい居場所「パレットひろば」を提案しました。
 「子どもさんには登ったり遊んだりする遊具として、カップルには近くのお店でテイクアウトしたものを楽しむ飲食スペースとして、ご年配の方には星が丘のまちを散策した後の休憩場所としてなど、さまざまな用途で自由に楽しんでいただけたらと思い制作しました」と、祖父江さんの想いが込められた期間限定の裏星が丘「パレットひろば」。実施期間中にはアンケートが行われ、その結果をもとに今後は、利用者が何を求めているのかを把握し、スペースの活用方法について検討していくということです。

【裏星が丘「パレットひろば」】
11月23日(火・祝)10:00~14:00
星が丘テラスWEST裏側(立体駐車場横)
(雨天の場合は中止です)