椙山女学園 大学

新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 文化情報学科:パラレルキャリアについて知る特別講義を実施

文化情報学科:パラレルキャリアについて知る特別講義を実施

文化情報学科:パラレルキャリアについて知る特別講義を実施

2021.11.10

 11月10日(水)、文化情報学科の専門教育科目「基礎演習」(担当:向直人准教授)で、地理情報業界で活躍する植田粋美氏を講師にお迎えし、特別講義を行いました。
 当日は、「ジオコミュニティ活動を軸にしたパラレルキャリアのすゝめ」と題し、自身の働き方や仕事内容についてお話いただきました。現在、植田氏は、地理情報に関する事業を展開するジオソリューション会社に勤務するほか、別の会社で測量士としても働き、さらに、個人事業主として地理に関する情報発信(相談受付やセミナー講師など)等の活動を行っています。そうした本業を持ちながら、第二の活動をする「パラレルキャリア(複業)」という働き方について、ご自身の経験からメリットやデメリットなどを説明。また、学外でのコミュニティ活動に積極的に参加することを呼びかけ、そこでの出会いやビジネスへの可能性について言及しました。
 その後、同学科の鳥居隆司教授、小田切和也教授、松山智恵子准教授が参加し、パネルディスカッションが行われました。理系のイメージが強いIT業界において、英語を学んでいることや正確なプログラミングを書くことが文系出身者の強みとして評価されている実態を知り、受講した学生たちの将来の可能性を広げる貴重な機会となりました。