椙山女学園 大学

新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 生活環境デザイン学科:教員が参加する活動が「木材活用コンクール」で入賞

生活環境デザイン学科:教員が参加する活動が「木材活用コンクール」で入賞

生活環境デザイン学科:教員が参加する活動が「木材活用コンクール」で入賞

2021.04.09

 生活環境デザイン学科の村上心教授と清水秀丸講師、川口香子助教が参加するアジア産直住宅事業共同事業体/ADHOCの活動が、「第24回木材活用コンクール」で特別賞(未来の山創り賞)を受賞しました。
 村上教授らは、木材資源の豊富な日本から高品質の木材と木造在来構法の技術を東南アジアの住宅市場に供給するプロジェクト「アジア産地直送住宅」を創設、主導。日本の在来軸組み工法とタイの伝統的木造建築構法を混合し、東南アジアの社会的、気候的条件に適合した環境に優しい木造住宅の供給を行う活動をしています。
 今回はその活動が評価され、木材の新たな利用、普及の可能性をさぐり、木材業界の活性化に寄与することを目的とした同コンクールで特別賞を受賞しました。