椙山女学園 大学

新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 栄養バランスを楽しくおいしく学ぼう!「栄養バイキング給食」

栄養バランスを楽しくおいしく学ぼう!「栄養バイキング給食」

栄養バランスを楽しくおいしく学ぼう!「栄養バイキング給食」

2021.02.08

 2月1日(月)、管理栄養学科の学生が、附属小学校6年生を対象に、学生が考案したメニューのバイキング給食を用いて栄養指導をする「栄養バイキング給食」を行いました。
 この取り組みは、管理栄養士を目指す管理栄養学科の学生と小学校の給食を提供する株式会社メーキューが連携し、小学生にバランスのよい食事を選択することの大切さを、楽しくおいしく学んでもらうことを目的に平成30年度から実施しており、今年で3回目となります。
 コロナ禍のため、実施するかどうかの検討を重ねてきましたが、卒業を控えた6年生に楽しい思い出をプレゼントしたいとの想いから、給食業者スタッフが配膳を担当し、食器はすべて使い捨てにする、手指消毒はもちろんのこと、隣との間をあけ着席し、全員が前向きでおしゃべりをせずに食事をするなどの感染対策をとった上で実施することとなりました。
 バイキングに並ぶ主食2品、主菜2品、副菜2品、汁物2品は、管理栄養学科の三田研究室の学生が過去に考案した中で児童に好評だったメニューです。主食・主菜・副菜・汁物から各1品選ぶと、どの組み合わせでも学校給食摂取基準のエネルギー量である570kcalに近い値となる工夫がされています。
 まず、学生が児童にむけて「主食・主菜・副菜がそろっている食事が五大栄養素の摂れるバランスの良い食事」であると媒体を使って栄養教育を行い、成長期である児童にとってバランスのよい食事がとても重要であることを呼びかけました。その上で児童たちは、主食・主菜・副菜の置く場所が一目で分かる学生オリジナルの「ランチョンマット」を使いながら、手際よくバランスのよい組み合わせを選んでいました。
 児童からは「栄養について楽しく知れた!」「どのメニューもおいしかった!」「苦手なものも、いつもより沢山食べました」などの声が上がり、児童にとって楽しい思い出となるとともに、学生にとっても栄養指導の自信をつける貴重な機会となったようです。