椙山女学園 大学

新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 現代マネジメント学部の東ゼミの学生たちが、名古屋市消費生活フェアで「エシカル消費(倫理的消費)の推進」を呼びかけました!

現代マネジメント学部の東ゼミの学生たちが、名古屋市消費生活フェアで「エシカル消費(倫理的消費)の推進」を呼びかけました!

現代マネジメント学部の東ゼミの学生たちが、名古屋市消費生活フェアで「エシカル消費(倫理的消費)の推進」を呼びかけました!

2018.11.22

 11月17日(土)にオアシス21(名古屋市東区)で開催された名古屋市消費生活フェア2018に、現代マネジメント学部の東珠実教授の2年生のゼミ生17名が出展しました。  
 名古屋市消費生活フェアへの参画は、名古屋市から大学への委託事業の一環として、東ゼミが数年にわたり実施しているもので、今年の全体テーマは「考えよう社会・地球・未来のこと~やってみよう!エシカル消費~」。エシカル消費とは、「倫理的消費」とも呼ばれ、環境や人や社会に配慮した買い物のことを言います。
 学生たちは、ブースでは「エシカル・マーケットを楽しもう!」をテーマに掲げ、エコマークなどが付いた身近な環境配慮型の商品や、フェアトレードや売り上げの一部が寄付になる社会貢献型の商品などを多数展示・紹介しました。また、来場者に、展示してある商品のなかから買ってみたい商品にシールを貼って投票してもらうなど、参加型の楽しいブースを展開し、オリジナルのリーフレットも配付しました。
 一方、ステージ企画では「広めよう!エシカル消費―PR動画で盛り上がろう!-」と題し、エシカル消費ミニ講座やクイズを行うとともに、ゼミで作成した3種類(スイーツ・スナック編、ファッション編、ステーショナリー編)の動画を発表しました。
 学生たちは、「自分たちでポップやポスター、動画など制作することを通してエシカル消費についての理解が深まり、自信をもって説明することができた」、「来場者に身近なエシカル商品に関心をもってもらえ、嬉しかった」、「普段の自分の買い物でも、エシカル消費を心がけるようになった」など、実践的な学習活動の成果ややりがいについて振り返りました。