椙山女学園 大学

新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. メディア情報学科:NHK名古屋放送局の報道部副部長による特別講義を実施

メディア情報学科:NHK名古屋放送局の報道部副部長による特別講義を実施

メディア情報学科:NHK名古屋放送局の報道部副部長による特別講義を実施

2022.01.18

 1月11日(火)、メディア情報学科の専門教育科目「現代社会とジャーナリズム」(担当:脇田泰子教授)で、NHK名古屋拠点放送局報道部副部長の山本恵子氏を講師に招き、特別講義を行いました。
 山本氏は、1995年にNHKに記者として入局し、2019年から名古屋放送局報道部のデスクとして、夕方のニュース情報番組「まるっと!」の編集責任者を務めています。2021年からは解説委員も兼務し、ジェンダー・男女共同参画を担当しています。
 「メディアで働くということ〜報道の現場から〜」と題した講義では、学生時代から放送記者になるまでの紆余曲折を語り、解説委員として出演した年末の番組「時論公論クエスチョン・タイム」でも取り上げたジェンダー問題の背景には、伝統的な性別役割分担の考え方があることを指摘しました。また、メディア業界で働く人に求められるものとして好奇心と探究心を挙げ、「おかしいでしょ」と声を上げ、社会を動かしていくことが大切だと呼びかけました。
 最後に山本氏は、うまくいかなくてもやってみることが大事だとし、巡り巡ってその後に生きてくる「人生無駄なし!」と学生の背中を押す心強いメッセージを送りました。
 受講した学生は、「性別を気にせず、本当にやりたいことが何かを考えながら就職活動をしていきたい」「その人だから伝えらえるものを世に発信していくことで、より良い社会づくりへとつながっていくと感じた」と前向きな感想を寄せました。