椙山女学園 大学

新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 生活環境デザイン学科の学生が、日本建築学会2021年度大会(東海)シンボルマークコンペで最優秀賞および優秀賞を受賞しました

生活環境デザイン学科の学生が、日本建築学会2021年度大会(東海)シンボルマークコンペで最優秀賞および優秀賞を受賞しました

生活環境デザイン学科の学生が、日本建築学会2021年度大会(東海)シンボルマークコンペで最優秀賞および優秀賞を受賞しました

2021.02.04

 生活環境デザイン学科1年生の日野珠海さんが、日本建築学会2021年度大会(東海)シンボルマークコンペに参加し、最優秀賞を受賞しました。
 このコンペは、9月7日(火)~10日(金)に名古屋工業大学で開催される「日本建築学会2021年度大会(東海)」において、今年のテーマ「つなぐ、集う、楽しむ」にふさわしいシンボルマークを募集するもので、東海4県の大学・高専に通う建築系学生を対象に実施されました。
 生活環境デザイン学科の学生有志wunit design studioで活動する日野さんは、150mm四方に収まる単色刷りが可能な図案という条件のもと、同コンペに作品を応募し、見事、最優秀賞に選ばれました。また、同学科3年生の仲澤実玖さん、2年生の羽山幸那さん、1年生の鬼頭茉佑さん、小林可奈さん、廣永夕華さんによるグループが応募した2作品も優秀賞に選ばれ、入賞4作品のうち3作品を本学学生が占める好結果となりました。
 今後、日野さんの提案したシンボルマークは、同大会のポスター―やパンフレット、Webサイトなどに使用されるということです。

選考結果はこちら