椙山女学園 大学

新型コロナウイルス感染症 本学の対応

  1. ホーム
  2. 新型コロナウイルス感染症 本学の対応
  3. 緊急事態宣言解除に伴う本学の対応について

緊急事態宣言解除に伴う本学の対応について

2021.06.18

学生の皆さんへ

椙山女学園大学
 学長 後藤 宗理

緊急事態宣言解除に伴う本学の対応について

 愛知県に発令されていた新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条第1項の規定に基づく緊急事態宣言が解除され、まん延防止等重点措置に移行となることに伴い、本学では下記のとおり対応いたします。

1.対応内容
(1)授業方法の方針
   緊急事態宣言発令に伴い遠隔授業に切り替えた科目は、感染予防策を講じた上で、原則として対面授業に戻します。
  
※緊急事態宣言発令前から遠隔授業実施が認められていた科目は引き続き遠隔授業を継続します。それ以外で引き続き遠隔授業を実施する科目については、別途S*mapジャーナルにて連絡します。

(2)授業方法の切替日

   令和3年6月28日(月)

  ※緊急事態宣言発令に伴い遠隔授業に切り替えた科目については、令和3年6月21日(月)から27日(日)までの間は、現在の授業方法を継続して実施します。

(3)昼食等について
   新型コロナウイルスについては、食事中に感染したケースが多く報告されています。
   改めて、「食事中は会話をしない。会話は食事が済んでマスクを着用してから」「食堂や学生控室の机・椅子、パーテーションを移動させない」ことを徹底してください。
   
ただし、これから湿度が高く暑い日が多くなるため、マスク着用の際は、熱中症に気をつけ、こまめに水分補給をすることなどにも注意してください。
   
また、感染の疑いがある場合、あるいは陽性反応が出た場合は、ただちに学修・生活指導教員又は学科主任に連絡をし、指示を受けるようにしてください。

以上