椙山女学園 大学

新型コロナウイルス感染症 本学の対応

  1. ホーム
  2. 新型コロナウイルス感染症 本学の対応
  3. 「まん延防止等重点措置」等適用期間中の学生生活に係る対応について

「まん延防止等重点措置」等適用期間中の学生生活に係る対応について

2021.04.30

学生の皆さんへ

椙山女学園大学
学長 後藤宗理

 

「まん延防止等重点措置」等適用期間中の学生生活に係る対応について

1. 部活動等の課外活動について
 愛知県では、4月以降感染者数が徐々に増加しており、4月20日(火)から、「まん延防止等重点措置」が適用されました。
 課外活動等においては、「椙山女学園大学 課外活動再開ガイドライン」(令和2年12月15日付、全学学生委員会)及び「椙山女学園大学 学生サポーター活動再開のためのガイドライン」(令和3年3月16日付、全学学生委員会)に従い、感染予防を講じた上で課外活動を許可することとします。
 
ただし、学生同士が組み合うことが主体となる活動や、身体接触を伴う活動、大きな発声や激しい呼気を伴う活動等は、感染リスクが高まることが想定されるため、活動の自粛又は中止等を検討してください。また、他大学等との合同練習・練習試合及び県境を越える大会・競技会等への参加については、自粛又は中止することとします。合宿については引き続き禁止とします。

2. 学生寮及び下宿をしている学生の感染防止について

 学生寮や学生マンション等は、学生が集団生活を行う場であり、共用施設・設備なども多く、大人数が共に日常生活を送る場であることから、密になる環境が形成されやすいため、以下の感染予防を徹底してください。
 
①居室外ではマスクを必ず着用する。
 
②毎朝の検温実施
 
③共用スペース(ロビー、談話室、ランドリールーム、食堂等)における感染予防
 
④帰宅時の手指消毒
 
⑤居室内の換気

3. 帰省、旅行について
 ゴールデンウイーク等を利用して帰省や旅行を考えている学生は、帰省や旅行の延期、自粛又はオンライン帰省・旅行の活用などを検討してください。また、家族以外との旅行はなるべく行わないようにしてください。やむを得ず帰省や旅行する場合は、出発前から終了後2週間は健康観察記録をつけるなどの健康管理を行った上で、移動手段についても自家用車等を利用するなど感染防止策を講じてください。
 
帰省中、旅行中は家族以外との会食を避けること、人が多く集まる場所には行かないなど感染予防に十分注意してください。