椙山女学園 大学

新型コロナウイルス感染症 本学の対応

  1. ホーム
  2. 新型コロナウイルス感染症 本学の対応
  3. 「まん延防止等重点措置」の適用決定を受けて

「まん延防止等重点措置」の適用決定を受けて

2021.04.21

教職員の皆さんへ

椙山女学園大学
学長 後藤宗理

「まん延防止等重点措置」の適用決定を受けて

 愛知県では、4月以降感染者数が徐々に増加しており、4月20日(火)から、「まん延防止等重点措置」が適用されることになりました。しかしながら、現時点では、この措置によって、大学への登校を控えるような要請はありません。
 
従いまして、本学では、4月20日(火)以降も、感染が急速に拡大するなどの状況にならない限りは、感染予防策を講じた上で、当初の予定どおり授業を行います。
 
ただし、感染が急速に拡大した場合については、遠隔授業を中心とした体制に切り替える場合があることをご理解ください。
 
また、教職員の皆さんには、これまでに何度もお願いしていますが、下記のとおり、改めて感染予防、感染拡大防止のための対策を徹底し、クラスターが発生することがないようにご協力ください。





〇基本的な感染防止対策の徹底

 ・マスク着用
 ・手指消毒
 ・3密を避ける、人と人の距離を確保する (1mを目安に)。

〇感染リスクが高まる「5つの場面」に留意
 
場面1) 飲酒を伴う懇親会等
 
場面2) 大人数や長時間におよぶ飲食
 
場面3) マスクなしでの会話
 
場面4) 狭い空間での共同生活
 
場面5) 居場所の切り替わり

〇毎日の体温測定、体調のチェック

〇感染が拡大している地域、混雑が予想される場所への移動を極力控える。
 ※出張等についても、遠隔での対応が可能な場合は極力移動を控えてください。
  
やむを得ず移動が必要になる場合は、感染防止対策を徹底し、事前に学部長から学長への報告、承諾を得るようにしてください。

以上