椙山女学園 大学

新型コロナウイルス感染症 本学の対応

海外渡航について

2021.10.14

学生、教職員の皆さんへ

椙山女学園大学
学長 後藤宗理

海外渡航について

 本学では、海外渡航について、4月30日付文書にて、「海外渡航について」と題して、「感染症危険情報レベル2以上が発出されている場合は、留学(交換留学、派遣留学、認定留学、中期留学、中期留学ブリッジプログラム、私費留学、学部が実施する海外研修)、旅行、インターンシップ、ボランティア、出張等による海外渡航を禁止します。」という案内を発出しましたが、この度、大学間協定に基づく協力体制がある交換・派遣留学に限り特例的に認める方針を決定しました。
 上記以外の海外渡航に関しては、学生及び教職員の健康と安全を守るため、引き続き感染症危険情報レベル2以上が発出されている場合は、留学(認定留学、中期留学、中期留学ブリッジプログラム、私費留学、学部が実施する海外研修等)、旅行、インターンシップ、ボランティア、出張等による海外渡航を禁止します。
 今後、外務省危険情報及び感染症危険情報がレベル1以下に下がるなど、安全を確保できるようになった国・地域から海外渡航を再開できるよう、引き続き情報収集に努め、実施できる状況になりましたら改めてお知らせいたします。