DiCello Cheryl

准教授

専門分野

Language Teaching Specialisation(言語教育)
Extensive Reading (多読研究)
Cross-Cultural Communication (異聞コミュニケーション)

研究テーマ

・多読のオリエンテーションと教え方
・異文化ブログ交換の調査研究
・言語ボランティア

Message

Learning, Sharing, and Learning More

My past research includes using technology in the classroom, comparing reading class teaching methodologies, classroom-based language learning research, extensive reading, mentoring, motivation outside the classroom, language accessibility for a more inclusive Japan, and more.

In hopes to improve on my own language teaching skills, much of my research is based off of classroom results and reflections from students. I have also interviewed and surveyed other language teachers for research and self-improvement purposes. When a classroom activity or teaching method is both successful and appreciated by the students, I share my results at conferences and in publications.

My current focus is on improving access and quality to volunteer-centered services for people with limited-Japanese proficiency in Japan.


これまでの研究には、教室でのテクノロジーの活用、リーディングクラスの教授法の比較、教室ベースの言語学習研究、多読、メンタリング、教室外でのモチベーション、多文化共生日本のための言語アクセシビリティなどの研究をしました。

私自身の言語教育スキルを向上させるため、研究は授業の結果や学習者からの考察に基づいています。また、研究や自己研鑽のために、他の語学教師にもインタビューや調査をしたことがあります。教室での活動や教授法が成功し、学習者から高く評価された場合は、学会や出版物で結果を共有しています。

現在の研究は、日本語が不自由な方のためのボランティア・サービスを中心に、アクセスとそのサービスの資質に関する改善に力を入れています。