椙山女学園 大学

学部・研究科

卒業生の声

大学での学びを通して看護師として、そして女性として社会で活躍するための心構えを育む。

血管外科、歯科口腔外科、皮膚科、総合診療科のある4科混合病棟に勤務しています。手術や化学療法を受ける患者さんが多いため、日常生活の支援や清潔ケア、健康状態の観察などを行っています。患者さん一人ひとりの自宅での過ごし方など、生活背景の情報も頭に入れてきめ細かく対応。回復して退院されるときの喜びは大きく、患者さんやご家族の笑顔に支えられています。椙山を選んだのは、学内の設備が充実しているから。そして、さまざまな病院で実習を行うことができ、自分に合った環境を見つけられると思ったからです。2年次の冬に行われる基礎看護学実習では初めて現場で患者さんと触れ合い、看護師という仕事を肌で感じることができました。それからは自分が看護師として働いている姿をイメージして、学びにも、実習にも緊張感を持って臨むようになりました。また、命をつなぐお手伝いがしたいと考え、献血や骨髄バンク登録への呼びかけを行うボランティアサークル「はぴなす」に所属し、部長を経験。チーム医療が重視される医療現場では、部長として携わったサークル活動の経験が生きています。椙山では、女性が社会で活躍するための教養科目が充実しており、看護師として、また女性とし自分の将来について考え、そのために必要となる知識と心構えを身に付ける事ができました。伝統ある女子大で4年間を過ごすことができ、本当に良かったと思っています。

努力を重ね取得した保健師の資格。専門知識が人の役に立つことにやりがいを感じています。

高校の頃から保健師をめざし、充実した授業と国家試験の合格率の高さ、手厚い就職サポートに魅力を感じ椙山に入学しました。授業では保健師としての心構えから、その専門知識やスキルなど一つひとつ丁寧に学ぶことができました。また、行政実習では現場で活躍する保健師の方から話を聞く機会があり、保健師という仕事を具体的にイメージすることができました。3年次後期から4年次にかけては実習・就職活動・卒業論文・国家試験の勉強と多忙な日々。時には不安になることもありましたが、先生や友人の励ましに支えられ前を向くことができました。最後まで諦めずに努力を重ね、国家試験合格を手にしたときは本当に嬉しかったです。
大学生活で経験したこと、学んだこと、出会えた先生や友人たちは、かけがえのないものとして私の中に根付いています。現在は、公務員として成人保健に携わり、がん検診、予防接種、健康教室・相談などを実施して、市民の方々の健康を保持・増進できるよう努めています。大学で学んだ公衆衛生看護学の知識は、今の仕事に直結しており、とても役に立っています。大切にしていることは、相手の立場に立って考えること。市民の方々が健康で、安心して生活できるよう、自分にできることは何かを常に考え行動することを心掛けています。私の持つ専門知識を誰かのために活用できた時、保健師としてとてもやりがいを感じます。

学部・研究科