お問い合わせ

  1. ホーム
  2. お問い合わせ
  3. よくある質問(FAQ)

よくある質問(FAQ)

本校へよくご質問いただく項目をまとめております。お問い合わせいただく際の参考にご覧下さい。


学校生活について

Q週5日制ですか
土曜日は基本的に休みです。ただし、土日に活動するクラブもあります。
年10回、土曜講座を開講し、最低2回は参加するように指導しています。土曜講座とは漢字検定、英語検定、数学検定などの検定や、料理や音楽などの体験型の講座、椙山女学園大学の教員による講義など豊かな知識を育てるとともに、学習意欲を引き出すことをねらいとして開講されています。

Qどのような地域から通学していますか
本校への在籍は、自宅から通学できることが条件となります。在籍状況は、おおよそ以下のとおりです。
名古屋市内愛知県岐阜県その他
中学校在籍生 約65% 約33% 約2% 若干名

Qクラブ活動をしている生徒はどのくらいいますか
9割近くの生徒がクラブ活動に参加し、活発に活動しています。体育系13、文化系12のクラブがあります。本校では、個性を伸ばし仲間と協力し、友人を作る重要な場として位置づけ重視しています。

Q食堂や給食はありますか
本校ではランチルームを設け、栄養バランスに配慮したオリジナルメニューを提供しています。また、売店でおにぎり・パンなどを販売しています。弁当を持参し、教室で昼食を取る生徒も数多くいます。
ランチルームは事前予約制ではなく、購入時にメニューから注文を行う形式で、一部のランチはテイクアウトも可能です。

Q携帯電話は校内で使用できますか
届出制で許可しています。ただし、朝礼時に担任に預け、下校時に受け取るようにし、使用場所等ルールを守るように指導しています。

Q悩みを相談したい場合にスクールカウンセラーはいますか
本校ではカウンセリング室を設け、スクールカウンセラーが毎週火曜日と金曜日に常駐しています。また、椙山女学園大学大学院生によるカウンセリングを受けることもできます。

学習について

Qネイティブによる英語授業はありますか
中学1年生では隔週1時間、中学2年生では週1時間、中学3年生では少人数で週1時間の授業を実施しています。

入試・入学について

Q学校案内や入学願書はどこで手に入りますか

資料請求画面よりご請求ください。また、本校事務室で入手できます。


Q各科目の基準点はありますか
ございません。合計点で判定します。

Q内申書はどの程度重視されますか
ボーダーの場合、参考にします。欠席は、理由が明確であれば特に問題はありません。

Q帰国子女の特別配慮はありますか
入試において特別の枠はございませんが、帰国子女編入は実施しています。

進学について

Q中学校から併設高等学校へは、全員が進級(進学)できますか
生活面・学習面などを総合的に判断し、中学校長の推薦により併設高等学校への進級(進学)が認められます。併設校推薦で進級(進学)する場合においても、指定の試験を受ける必要があり、一定以上の成績に満たない場合は、必要な課題履修・補習受講等を行うことが求められます。

学費について

Q学納金以外に、寄付金などの追加費用はありますか
寄付金のお願いはしておりますが、あくまでも任意のものです。

Q学納金の引き落としはいつになりますか

年4期(5月、7月、10月、1月)に分けて、納付いただいています。詳しくは、学費をご覧ください。

その他

Q転勤などで転出し、また戻ってきたときに復学は可能ですか
原則として復学できます。中学校から高校にまたがる場合も、復学できます。ただし、本校にいない期間が3年以上になるような場合はそのまま復学できません。