学校案内

校長挨拶

生徒の知性、個性、豊かな心を養うことをめざして

  • 椙山女学園中学校
    校長 深谷 和義

 椙山女学園中学校・高等学校は、昭和23(1948)年に現在の名称となってから70年を超える歴史と伝統があります。その前身は、大正6(1917)年の椙山高等女学校にまでさかのぼり、昭和、平成、令和とこれまで100年以上にわたって女性の自立・自活のための教育に貢献してきました。
 本校は、これまで積み重ねてきた人間教育の伝統と地域社会からの信頼に基づいて、生徒の将来の社会進出を見据え、進路希望に沿った学びの場を提供しています。学校での授業、個性的な独自教育、多種多様なクラブ活動や充実した年間行事などを通じて、生徒の知性、個性、豊かな心を養うことをめざしています。
こ れらの教育活動を支えているのが椙山女学園の教育理念である「人間になろう」の精神です。人間らしく生きることは、他の人を支えることができ、他の人とともに生き、自らも努力することができる人間になることです。この精神は、保育園・こども園から大学にいたるまで本学園の教育全体を通じていきわたっています。汲めどもつきることのない本学園の教育理念に基づき、この先も新しい時代を担う人間を世に送り出すよう、教職員一同一層努力して参りたいと思います。

深谷 和義(Fukaya Kazuyoshi)プロフィール
愛知県出身
名古屋工業大学大学院博士後期課程修了 博士(工学)
愛知県立高等学校、愛知県総合教育センター、愛知県教育委員会を経て、2007年4月に椙山女学園大学教育学部に着任、2015年4月から同学部教授。2022年4月から椙山女学園中学校長・高等学校長を兼任。

最近の研究テーマ
・情報科教育に関する研究
・教育の情報化に関する研究
・教員研修に関する研究