新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 文化情報学部・学生制作のサイエンスショー映像が名古屋市科学館・公式WEBサイトで公開

文化情報学部・学生制作のサイエンスショー映像が名古屋市科学館・公式WEBサイトで公開

文化情報学部・学生制作のサイエンスショー映像が名古屋市科学館・公式WEBサイトで公開

2014.10.30

文化情報学部メディア情報学科 栃窪優二教授のゼミ学生が制作した名古屋市科学館のサイエンスショー映像5本が同科学館・公式WEBサイトで公開されました。
文化情報学部と名古屋市科学館とは、科学館の魅力を映像で発信する連携プロジェクトに取り組んでいます。これまで展示紹介ビデオを制作していましたが、今回は初めて館内のステージで公開されているサイエンスショーを取り上げ、「お化けな実験室」、「ハカセ対決・燃焼編」など紹介ビデオ5本を学生が卒業制作の作品として制作しました。ステージ映像のほか、学芸員インタビューや学生リポート、ナレーションを交えて、1本=4分30秒の映像作品に仕上げています。制作したのはメディア情報学科の4年生4人で、「制作は難しくて大変だったが科学館の魅力を映像で発信できて良かった」、「卒業制作の作品が科学館の広報PRに活用されて嬉しい」と話しています。
本学と名古屋市科学館とは2011年に映像メディアを軸にした連携・協力の覚書を交わしており、この一環として栃窪研究室では科学館映像シリーズを企画・制作する連携ブロジェクトに取り組んでいます。大学制作のサイエンスショー映像が公共の科学館サイトでこうした形で公開されるのは国内では珍しいことです。この作品は文化情報学部サイトでも公開されています。

1410301.jpg 1410302JPG.jpg

1410303.jpg 1410304.jpg