新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 「SUGIYAMAエアライン・シンポジウム」を開催しました(主催:国際コミュニケーション学部)

「SUGIYAMAエアライン・シンポジウム」を開催しました(主催:国際コミュニケーション学部)

「SUGIYAMAエアライン・シンポジウム」を開催しました(主催:国際コミュニケーション学部)

2015.03.06

平成26年12月18日(木)、星が丘キャンパスで国際コミュニケーション学部主催「SUGIYAMAエアライン・シンポジウム-キャリアとしての航空業界を考える-」が開催されました。シンポジウムには入学予定の高校生を含め、多くの学生たちが参加。学生たちのエアライン業界への関心の高さが感じられました。
このシンポジウムは、エアライン業界を目指す多くの学生に、職務内容や一日のスケジュール、一ヵ月のスケジュールなどの勤務シフト、取っておきたい資格などについて知ってもらい、エアライン業界就職へのステップのひとつにして欲しいと、国際コミュニケーション学部の木村隆教授が企画。在学中に本学で身に付けた知識を生かし、夢を叶えてエアライン業界に就職した卒業生の協力を得て実現しました。
当日は、全日本空輸株式会社と株式会社フジドリームエアラインズの客室乗務員各1名と、株式会社ドリームスカイ名古屋でグランドスタッフや航務部職員として活躍している2名、合計4名のOGを招き、現在の業務内容や生活スタイル、勤務の実際などを話していただきました。また、仕事でのやりがいや苦労、エアライン業界に進むためのアドバイスなど、同じ大学の先輩だからこそ話せる貴重なお話をしていただき、エアライン業界に就職が内定している4年生も参加して、就職活動の経験を報告しました。このほか北海道のANA新千歳空港株式会社のグランドハンドリング業務で活躍しているOGからは、「参加できなくとも応援したい」と詳細な配布資料で報告参加をいただくなど、後輩に対する温かい思いが感じられるシンポジウムとなりました。
「乗客の方の感謝の言葉が一番嬉しい」「久しぶりに搭乗をご一緒した先輩からの成長のおほめの言葉がやる気に繋がっています」「就活であれだけ頑張れたことが、今の仕事の頑張りのもとになっている」など、先輩のリアルな話はこれからエアライン業界を目指す学生たちにとって大きな励みになったようです。

141218006.jpg 141218016.jpg

141218028.jpg 141218036.jpg

141218045.jpg 141218052.jpg