新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 現代マネジメント学部の学生が高校生にSDGsと観光に関する授業を行いました

現代マネジメント学部の学生が高校生にSDGsと観光に関する授業を行いました

現代マネジメント学部の学生が高校生にSDGsと観光に関する授業を行いました

2020.01.23

 1月21日(火)、現代マネジメント学部2年生の榎本有紗さん、根本咲良さん、三浦杏梨さん、山口莉加さん、吉原綾さんが、名古屋経済大学市邨高等学校(名古屋市千種区)で「SDGsと観光-観光包摂の実現のための提案-」をテーマに授業を行いました。
 本学の現代マネジメント学部では、 水野英雄准教授とSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が連携して、高校生に向けた金融経済教育の普及活動に取り組んでいます。今回の授業を行った学生らは、テーマを社会的な認知が高まっているSDGs(持続可能な開発目標)に設定。その実現に向け、高校生とともに探究を深める目的があります。
 授業では、公共交通機関を利用した環境にやさしい観光モデルを紹介。少ないエネルギーと費用で、多くの人が利用できるという「観光包摂」の観点からSDGsの実現を検討。さらに高校生には、グループワークを通じてSDGsに基づいた観光事業について考えてもらいました。
 授業に先立ち、学生らは愛知県都市整備局交通対策課との連携活動である「対流・交流促進による公共交通活性化事業」に参加。東三河地区での現地調査を実施しています。自らの学修を高校生に伝えることで、自らの理解を深めています。