新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 国際コミュニケーション学部で学生が企画運営する「多文化研究セミナー」が開催されました

国際コミュニケーション学部で学生が企画運営する「多文化研究セミナー」が開催されました

国際コミュニケーション学部で学生が企画運営する「多文化研究セミナー」が開催されました

2018.07.20

 国際コミュニケーション学部の学生が企画運営を担当する「多文化研究セミナー」が、7月14日(土)に開催されました。
 これは、学んだことを実際に社会で活用し、広く一般に発信する「アウトプット・プログラム」の一環として行われたもので、学生が語学・文学・演劇・音楽・ポップカルチャーなど、多彩なテーマの活動に自主的に取り組み、イベント活動を行うことで、企画力や発想力、提案力を養うことを目的としています。
 第1回目は、熊本学園大学外国語学部のJudy Yoneoka教授を講師にお迎えし、講演会を開催。言語景観(交通標識や看板など、言語が用いられている公共空間の景色)について研究しているYoneoka教授が、日本のトイレを例に、言語景観の多言語化について英語で講演されました。
 参加した学生は、普段気にすることのなかった日本のトイレで見られる言語景観に着目することで、異文化理解の重要性や言語で表現することの難しさについて考えるきっかけとなったようでした。また、学生自ら司会を務めるなど運営に関わることで、このセミナーで参加、参画の両面から学ぶことができたようです。