新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 管理栄養学科の学生が愛知県主催の「あいち健康チャレンジ」に参加

管理栄養学科の学生が愛知県主催の「あいち健康チャレンジ」に参加

管理栄養学科の学生が愛知県主催の「あいち健康チャレンジ」に参加

2018.03.22

 3月3日(土)、4日(日)に、管理栄養学科の学生たちが、金山総合駅とアスナル金山(名古屋市中区)において、愛知県主催の「あいち健康チャレンジ」に参加し、一般の方々に野菜摂取の啓発活動を行いました。
 「あいち健康チャレンジ」は、すべての愛知県民に、健康情報が届くよう健康づくりに関係する各種団体が連携し一体となり、生活の身近な場所から一斉に健康情報を発信して健康づくりに取り組む気運を盛り上げるよう呼びかけるものです。
 今回、管理栄養学科の有志の1~3年生と大学院生たち合計21名が、自発的に企画を発案し、地域の方々への食育活動に挑戦したいとの思いから参加。当日は、来場者に野菜の重さを手ばかりで測ってもらい、1日の野菜摂取量の目標とされる350gと比較してもらったり、野菜のエネルギー量がお菓子&運動ではどのくらいなのかをクイズ等で紹介したりしました。また、学生が考案した野菜5種(にんじん、大根、ごぼう、れんこん、キャベツ)を使った時短レシピも配布しました。
 このイベントに参加した学生たちは、「他学年と共同した企画だったが、学年問わずいろいろなアイディアを話し合いながら進めることができ、完成度の高いものとなった。また、企画内容を一般の方へ伝える難しさを知り、コミュニケーションの重要性を再認識した。」と課題も口にしました。
 今後は、今回の経験を踏まえ、愛知県における様々な食育イベントに、積極的に参加する予定です。