新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 生活環境デザイン学科の学生たちが、星が丘テラスでフェアトレードチョコレートを販売

生活環境デザイン学科の学生たちが、星が丘テラスでフェアトレードチョコレートを販売

生活環境デザイン学科の学生たちが、星が丘テラスでフェアトレードチョコレートを販売

2018.03.16

 1月20日(土)、生活環境デザイン学科 村上心教授の研究室の学生たちが、星が丘テラスにて、フェアトレードチョコレートの販売を行いました。
 学生たちは日頃から、発展途上国で作られた作物や製品を適正な価格で取引することによって、生産者の持続的な生活向上を支えるフェアトレードに関心を持ち、フェアトレードを広める活動をしています。
 今回、その一環として、2月14日のバレンタインデーに向けて、フェアトレードの認知度を上げ、普及することを目的に、大学近くの星が丘テラスで、7種類のフェアトレードのチョコレートを販売しました。当日は、多くの地域の方にフェアトレードの仕組みや販売しているチョコレートに興味を持っていただき、購入していただきました。
 販売終了後、学生たちは「チョコレートという身近な商品から多くの人にフェアトレード知ってもらういいきっかけになった」「私たちは卒業してしまうけど、今後も消費者側の立場としてフェアトレードに貢献したい」と語りました。