新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 東山植物園の春まつりイベント 「植物園長さんとお花見をしよう!」に、生活環境デザイン学科 雨宮勇教授が特別ゲストとして参加

東山植物園の春まつりイベント 「植物園長さんとお花見をしよう!」に、生活環境デザイン学科 雨宮勇教授が特別ゲストとして参加

東山植物園の春まつりイベント 「植物園長さんとお花見をしよう!」に、生活環境デザイン学科 雨宮勇教授が特別ゲストとして参加

2017.04.20

 4月9日(日)、東山植物園の春まつりイベント 「植物園長さんとお花見をしよう!」に、生活環境デザイン学科 雨宮勇教授が特別ゲストとして参加し、「桜に見る日本人の美意識」について解説をしました。
 今回の参加は、本学が東山動植物園と連携協定を締結していることから、連携の一環として雨宮教授が協力。雨宮教授は40名の参加者らを前に、園内で咲き誇る桜を見学しながら、日本人はなぜ桜が好きなのかを通して、日本人の美意識について解説していきました。
 この中で雨宮教授は日本人の梅から桜への好みの変遷を語ったうえで、特に"色"からみた、「なぜ桜が好きか?」の考察に入り、西欧での色の好みと比較しながら、日本人の色の好みについて言及。日本人が西欧に比べて白色を好んでいることを指摘し、その好みが桜を愛する美意識に通じているのではないかと説明していました。