新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 現代マネジメント学部 星野ゼミが地元台紙メーカーとオリジナルアルバムを開発

現代マネジメント学部 星野ゼミが地元台紙メーカーとオリジナルアルバムを開発

現代マネジメント学部 星野ゼミが地元台紙メーカーとオリジナルアルバムを開発

2016.03.31


 現代マネジメント学部 星野ゼミの3年生が写真台紙・アルバムの製造・販売やブライダル・葬祭関連商品のプロデュースを手がける創業102年の地元台紙メーカー、株式会社木村台紙(名古屋市千種区)とコラボして企画し、オリジナルアルバムを開発しました。
 台紙とは写真・図画などを貼りつける厚紙のこと。写真アルバムや結婚式の招待状などの材料として使われています。星野ゼミでは、需要が減ってきている台紙の需要回復を目的に開発を開始しました。開発では学生たちの議論のもと、デジタルカメラなどにより写真のデジタルデータ保存が普及したとはいえ、卒業や結婚などライフイベントのタイミングにアルバムの需要があることに着目。使い易いサイズ設定や他製品との差別化などを検討し、開発を進めました。
 完成した商品は、縦横21センチの正方形で4つ折のアルバム。保存を考えA4のサイズ感を重視したほか、写真が飛び出て見える仕掛けや寄せ書きやオリジナルなアレンジを可能になる色紙面の追加など、若い年代の女性が使いやすい仕掛けを施した商品となりました。背表紙にはスコットランドのタータンチェック協会で登録されている本学園のチェック柄「Sugiyama Tartans(椙山タータン)」もあしらっています。
 定価は1冊1300円(税抜)、表面には自由に箔押しも可能で、箔押しタイプは1400円(税抜)となります。