新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 人間関係学科 谷口功准教授が、春日井市「地域をささえる人づくり講座」で講師を務めました

人間関係学科 谷口功准教授が、春日井市「地域をささえる人づくり講座」で講師を務めました

人間関係学科 谷口功准教授が、春日井市「地域をささえる人づくり講座」で講師を務めました

2017.03.13

 人間関係学科の谷口功准教授が、春日井市が主催する「地域をささえる人づくり講座」で講師を務めました。
 この講座は、町内会の役員のなり手がない、後継者が育たないといった問題を抱える自治会が近年増加する中、継続的かつ安定的に地域活動が展開されるよう、地域リーダーの育成を支援するため企画されたものです。谷口准教授は、平成24年から春日井市市民活動促進基本指針策定委員となり、平成25年度から実施されているこの講座で、年に2回講師を務めています。
 平成28年12月17日に開催された1回目の講座は、高蔵寺区を対象に、参加した住民のみなさんに課題をあげてもらい、ワークショップを通して地域課題を共有し、話し合うきっかけとなりました。また、2月18日(土)に開催された2回目の講座では、春日井市全域を対象に、参加した市民のみなさんに地域支援について考えてもらい、グループごとに課題を解決する方法を話し合いました。
 講座では、谷口研究室に所属する学生たちが、グループワークを進行する市役所職員のサポート役を務め、参加市民の意見をまとめ、発表を行いました。授業で、文献を読み、資料を集めている学生たちが、実際に自分が住んでいる地域を調査することで、地域のつながり(人間関係)をつくることの難しさや大切さを学んでいます。学生たちにとって今回の経験は、あらためて「暮らし」「家族」「福祉」「子育て」「高齢化」「地域」「行政」といった人間関係学部の学びのキーワードを再確認する機会となったようでした。