新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 国際コミュニケーション学部広瀬准教授が上海師範大学で交換講演会を開催しました

国際コミュニケーション学部広瀬准教授が上海師範大学で交換講演会を開催しました

国際コミュニケーション学部広瀬准教授が上海師範大学で交換講演会を開催しました

2015.11.12

 11月3日(火)、本学と交換留学協定を締結している中華人民共和国の上海師範大学で、交換講演会が開催されました。この交換講演会は、毎年相互に講師を招聘し講演を行うもので、今年は本学から講師が招聘され上海師範大学奉賢キャンパスで講演を行いました。
 演題は「日本のアニメーションにおける声優の存在感」、講師は国際コミュニケーション学部広瀬正浩准教授。昨年度上海師範大学から本学へ留学していた学生が通訳しました。
 広瀬准教授は、「宇宙戦艦ヤマト」のアニメーションがブームになった頃から声優を応援するファンが増え始め、本来は顔が見えないはずの声優がそのころからファンの前に現れるようになり、やがて声優のアイドル化が始まったことを指摘しました。現在、アイドルグループを題材にしたアニメーションで、登場人物の声を演ずる声優がそのアニメーションの登場人物と同じグループを結成してコンサートを行い、それをファンが応援する現象に進化し、これを「実在」という水準を超えた身体性や声と身体との関係などの面から説明しました。
 中国では日本のアニメーションに関心を持つ若者が多く、この講演でも用意した資料が足りなくなるほどの多くの学生が聴講しました。