新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 名作ラジオドラマを学生たちが再現

名作ラジオドラマを学生たちが再現

名作ラジオドラマを学生たちが再現

2016.11.21

 10月27日(木)、文化情報学科専門教育科目「デジタルアーカイブ論」(担当・飯塚恵理人教授)において、元・中部日本放送(CBC)プロデューサーの佐藤年氏と、椙山女学園高校卒業後、劇団CBC所属女優を経て、同社アナウンサーを長く務めた松ヶ崎敬子氏、同じく劇団CBCの天才クイズなどで親しまれた鎌田吉三郎氏を講師にお招きして、特別講義を行いました。
 「デジタルアーカイブ論」は、現代社会におけるデジタルアーカイブの意義と仕組みについて理解し、デジタルアーカイブを構築する能力や活用する能力を身につけることを目的にしています。
 今回は、ラジオドラマを再現することをテーマに、昭和31年8月25日に放送され翌年の1957年に民間放送連盟賞を受賞したラジオドラマ、秋元松代作「赤猪子(あかいこ)の恋」を松ヶ崎氏・鎌田氏に学生たちが加わり、それぞれの登場人物になりきり、台本を読み上げ、再現しました。松ヶ崎氏・鎌田氏から、抑揚をつけて読むことや台本にはない笑いを少し含みながら読み上げるコツを教えていただきました。
 セリフを読み、再現を終えた学生たちは、「文学作品がラジオの声優の声によって具体的に情景が想像されるのは素晴らしいと思った」、「ラジオドラマの効果音の工夫が興味深かった」などと話し、この授業を通して、ラジオドラマという「音の文化」に関する知識を高めたようです。