新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 人間関係学科 加藤主税教授が『ちから教授のコトバ生態学』を出版

人間関係学科 加藤主税教授が『ちから教授のコトバ生態学』を出版

人間関係学科 加藤主税教授が『ちから教授のコトバ生態学』を出版

2016.10.12

 人間関係学科 加藤主税教授が『ちから教授のコトバ生態学』を出版しました。
 この本は平成26年11月27日から続く、中日新聞プラスのブログ「ちから教授のコトバ生態学」の連載を加筆修正して出版されたものです。中部日本教育文化会出版、230ページ、1900円(税別)。
加藤教授は日々の学生との相談・会話の中で「若者コトバ」に興味を持ち、調査を本格的に開始。その興味・関心が「死語」「あだな」「赤ちゃん名」「ケータイ語」から、「内緒話」「忘れられない思い出」「不平不満集」「ほのぼの話集」などの若者生態に関する資料の収集につながり、現在まで様々な冊子を出版をしています。
 本書ではコトバを人間の生態と同じと捉え、「コトバ生態学」と名付けています。特に「第9章 女性差別を言語現象で確認」で女性差別の天敵になっているコトバの改良に重点を置いています。