新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 愛知県民の野菜摂取量の増加を目指し気軽に野菜を摂取できるスナックメニューを管理栄養学科の学生が大学祭で提案

愛知県民の野菜摂取量の増加を目指し気軽に野菜を摂取できるスナックメニューを管理栄養学科の学生が大学祭で提案

愛知県民の野菜摂取量の増加を目指し気軽に野菜を摂取できるスナックメニューを管理栄養学科の学生が大学祭で提案

2016.10.07

 管理栄養学科 給食経営管理論・調理学研究室の学生らが、野菜不足の若い世代にもっと野菜を食べてもらうため、気軽に野菜を摂取できるスナックメニューを考案し、10月15日(土)、16日(日)の大学祭で販売します。
 商品名は「野菜たっぷりトルティーヤ」。蛋白質や炭水化物、脂質などが中心になりがちな、お祭りなどで食されるスナックメニューでも野菜をたくさん食して欲しいと、1食あたり約100グラム(調理前)の野菜を使用しています。300食/日限定で金額は350円(予定)。当日は販売とともに、学生らが野菜摂取をPRするチラシやパンフレットを配布します。
 この取り組みは味の素株式会社による東海エリアの野菜摂取量の増加を目指した「ラブベジ」プロジェクトに協力した学生が、若い世代にも野菜をもっと食べて欲しいと企画。学生らは7月~9月に開催したオープンキャンパス2016でも、野菜摂取量に配慮したランチを提供し、来場者の方々に手軽に野菜摂取の大切さを知ってもらう取り組みを実施しています。