新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 文化情報学科の学生たちが小学校で読み聞かせボランティアを実施

文化情報学科の学生たちが小学校で読み聞かせボランティアを実施

文化情報学科の学生たちが小学校で読み聞かせボランティアを実施

2015.12.25

 12月16日(水)、文化情報学科の福永智子教授と卒業研究指導の3年生のゼミ生13名が名古屋市立西山小学校(名東区)で読み聞かせボランティアを行いました。
 このボランティアは、福永教授の専門である図書館情報学に関係する卒業研究を行うことが多い同ゼミの学生に研究テーマ探しとともに、本や読書の魅力を子どもたちに伝える体験をして欲しいと実施。同小学校では福永教授が昨年度からボランティア活動を続けています。
 学生たちは1年生の7クラスに分かれて読み聞かせを実施。子どもたちはどんな本を読んでもらえるか、どんなお姉さんが来るか興味津々で学生たちを迎え、学生たちはそれぞれ2冊の絵本と紙芝居1点を読み、子どもたちと交流しました。学生たちは子どもたちの想像以上の元気さに戸惑いながらも「初めてでしたが子どもたちの目を見ながら話せ、上手にできました」「子どもたちの反応が良く、大変うれしかったです」と子どもたちとの触れ合いを楽しみながら、本や読書の素晴らしさを学んでいました。