新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 司書や司書教諭を目指す学生たちが小学校で読み聞かせボランティアに挑戦しました

司書や司書教諭を目指す学生たちが小学校で読み聞かせボランティアに挑戦しました

司書や司書教諭を目指す学生たちが小学校で読み聞かせボランティアに挑戦しました

2014.07.09

6月26日(木)、文化情報学部の福永智子教授と司書課程や司書教諭課程を履修する学生17名が名古屋市立西山小学校(名東区)で読み聞かせボランティアを行いました。

このボランティアは学生たちが履修する「読書と豊かな人間性」の授業の一環として実施。この授業では子ども(0~18歳)への図書館サービスをテーマに、図書館における児童サービスや読書支援の現状と課題や読み聞かせの効果や実践などを学んでいます。今回、実際に学生たちが読み聞かせをすることによって子どもたちがどんな反応を示すのか、実際に体験して欲しいとの思いからこのボランティアを計画。年3回の「読書まつり」を計画するなど読書環境の充実を目指す西山小学校の協力を得て実現しました。

当日、学生たちは2年生の8クラスに分かれて読み書かせを実施。大学生による初めての読み聞かせボランティアでしたが、児童たちは食い入るように聞いていました。参加した学生からは「こんなに子どもたちが真剣に聞いてくれるとは思わなかった」「思った以上に積極的に感想を話してくれた」など驚いた様子。読み聞かせの効果を実践的に学びました。

本学では今後もボランティアに参加し、読書をする楽しみを子どもたちに広げていく考えです。

009.JPG 052.JPG

054.JPG