新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 国際コミュニケーション学部の学生たちが、語学力を生かして学会のイベントをサポートしました。

国際コミュニケーション学部の学生たちが、語学力を生かして学会のイベントをサポートしました。

国際コミュニケーション学部の学生たちが、語学力を生かして学会のイベントをサポートしました。

2014.06.18

2014年6日6日(金)~8日(日)、星が丘キャンパスでJALT(全国語学教育学会)によるJALT CALL(コンピュータ技術を使用して、言語学習を支援するための最新のアイデアを実証するイベント)が開催され、国際コミュニケーション学部の学生たちがインターンとして活動しました。
JALTは、日本における語学教育の向上を目指す専門家からなる学術団体です。国際コミュニケーション学部の学生たちは3年前から、日頃の語学学習の成果を試す実践の場として、同団体の学会にインターンとして参加。世界各国の人々が集まる場での活動を通して、これまで身に付けてきた英語力を試しています。
今回のイベントには全国から語学教育の専門家が200名以上も参加。学生たちは、事前準備や当日の受付、研究発表のタイムキーパーからランチの手配に至るまで、普段、授業を通して身に付けてきた英語力とコミュニケーション力を発揮し、丁寧に対応していました。
国際コミュニケーション学部では、このように授業で学んできた英語を、教室という場を離れ、実際に使用する外国語支援プログラムを多数展開することで、学生の語学力向上に努めています。

140608JALT 001.JPG 140608JALT 026.JPG

140608JALT 060.JPG 140608JALT 065.JPG