新着情報

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 国際コミュニケーション学部の学生が、愛知県芸術劇場主催のアートマネジメント講座に参加しました

国際コミュニケーション学部の学生が、愛知県芸術劇場主催のアートマネジメント講座に参加しました

国際コミュニケーション学部の学生が、愛知県芸術劇場主催のアートマネジメント講座に参加しました

2015.03.19

平成26年11月から平成27年2月のおよそ4ヶ月間、愛知県芸術劇場主催のアートマネジメント講座が行われ、本学からは国際コミュニケーション学部の井川真理菜さん(3年)、加藤綾華さん(2年)がインターンシップとして参加しました。
アートマネジメント講座とは、優れた舞台芸術を生みだし、多くの人々がそれを鑑賞し楽しむために、「創り手」と「受け手」をつなぐ企画、制作、広報、当日の運営等を実施できる専門的な人材を育成する講座です。
参加した2名は、舞台「パブリックイメージリミテッド」の制作に参加。主にFacebookやTiwtterなどSNSを使った広報活動に携わりました。普段使い慣れているSNSであっても実際に広報活動として文章を書くことの難しさ、また、書く側の出したい情報と読む側の求める情報の差異を注意した内容の選択など二人にとっては試行錯誤の連続。文章創作だけでなく、情報共有や連携などコミュニケーションの重要性も深く学んだ体験となりました。広報活動以外にもチラシ折込、受付、大道具制作現場見学など多くの社会活動も体験した2名は「自分の役割とは何かを考える癖がついた。自分の得意・不得意分野が見えてくるように(井川さん)」「演劇を見る機会は少なかったけれど、今後は作品をもっと知りたい、見たいと思っています。制作という形で関われたら(加藤さん)」など、インターンシップを通して新たな発見があったようです。

IMG_6821.jpg IMG_6815.jpg